潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > スポンサー広告> 和歌山の貝 > 頭足類 > トグロコウイカ(スピルラ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トグロコウイカ(スピルラ)

spirula.jpg

Spirula spirula (LINNAEUS, 1758) トグロコウイカ(スピルラ)
  Syn: australis LAMARCK, 1816、fragilis LAMARCK, 1801、peroni LAMARCK, 1822、prototypus PÉRON, 1804
トグロコウイカ科 2003年9月 串本町 上浦 打ち上げ 18mm

模式産地:ニューギニア西パンダ島付近
分布:全世界の熱帯域  水温10℃以下の水深200〜1,750m付近の中深層域
   死後、殻は浮遊し三浦半島以南の西日本の沿岸に漂着する。

この標本は台風の影響で時化た海岸で採集しました。
日本からは生きた個体の採集はされてないとなっていますが、この標本は採集したときに軟体が残っていました。
その軟体を除去する時にあやまって破損してしまいました><;
日本の南方の深海には棲息すると思われます。

本種はこの種だけで1科1属1種を形成しトグロコウイカ目唯一の現生種です。
化石で知られるベレムナイト目などに近い可能性があるということらしいです。

日中は深度1,000 m前後の深海に潜み、夜には水深100〜300mぐらいまで浮上する日周鉛直運動を行います。
これは摂餌行動の1つで、中層域に棲息する深海生物の多くが行い駿河湾のサクラエビは有名です。
(サクラエビ漁はこのタイミングで浅所に上がって来たところを捕られます。)

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
関連記事
[ 2013/09/16 11:27 ] 和歌山の貝 頭足類 | TB(0) | CM(4)
18号…。
リンクありがとうございます。文字だけでは寂しいので歯車の画像を拝借して勝手にバナーを作りました…m(_ _)m
スピルラは私も9年前に三浦で一つ拾いましたが、それっきりですねえ。今回の台風は如何に?

それにしても川の氾濫が…。渡月橋からあふれているなんて!驚きました。
[ 2013/09/16 13:45 ] [ 編集 ]
こんばんは^ ^
雉猫さん、
立派なバナーありがとうございます><

渡月橋や周辺は大変なことになってるのに、大阪はなんにもなかったような感じです。
雨も少し前の大雨の時の方が勢いが凄かったような…
ただ、淀川はかなり増水しています。
あんなに増水したのは久しぶりに見るような気がします。(昔は堤防の際まで来てるのを見た事があります。)
[ 2013/09/16 21:00 ] [ 編集 ]
未採集
この標本以外に2個体の記録も知っているのですが、私はまだ未採集です。
狙って採れる貝でもありませんし、偶然を期待するしかないですね。
[ 2013/09/17 23:45 ] [ 編集 ]
こんばんは。
kudamakiさん、こんばんは。

やっぱりレアなんですね…;
これ拾った時は例のお方と一緒だったんですが、凄く嬉しかったです……
が…一転、帰って割っちゃった時はハンパないショックを受けました^ ^
軟体付きなんか日本にはないと思っていたのでびっくりでしたが。

ところで、今回の台風はどうだったんでしょうね?
休んででも行きたかったなぁ……。
[ 2013/09/17 23:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR