潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > スポンサー広告> 和歌山の貝 > シオサザナミガイ科 > ミヒカリマスオガイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミヒカリマスオガイ

radiata.jpg

Gari radiata (PHILIPPI, 1844) ミヒカリマスオガイ
  Syn: denikei MARTENS, 1897
シオサザナミガイ科 2009年3月 富田 大間磯(中大浜) 打ち上げ 31mm

模式産地:インドネシア
分布:房総半島・九州北西岸、紀伊半島、四国、東南アジア(フィリピン)、ニコバル諸島
   潮間帯〜水深10m 砂底

この貝は南部堺に行ったとき、kudamakiさんと偶然お会いして、潮が良いという事でご一緒に浜採集した時に得た標本です。
この時は春なのに長時間貝を探すにはかなりこたえる程冷たい風が吹いている日でしたが、打ち上げが凄く良くて2人で無心に貝を探したのを思い出します。
自分で採集した標本は例えどんな貝であっても1つ1つに大切な思い出が残るものです。
これは買って集めていては得る事のできない大切なものです。

日本の図鑑では二枚貝は不遇に感じます。
特に日本近海産貝類図鑑は確かに沢山の貝が載っていますが……二枚貝の記載数はかなりお粗末に感じます。
(もちろんこの種も載っていません。)
pallida (DESHAYES, 1855) ヒノデアシガイ、sibogai PRASHAD, 1932 ホソアシガイなど似た種類が数種ありますがこれらにはシオサザナミガイと同じく斜めの非対称稜があるのに対し本種にはこれが認められません。

参考文献:
原色日本貝類図鑑(吉良哲明著)
標準原色図鑑全集3 貝(波部忠重・小菅貞男著)
PHILIPPINE MARINE MOLLUSKS VOLUME Ⅲ(GUIDO T. POPPE著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
関連記事
寒かったですね
あの時はほんと寒かったですね。
予想に反して、二枚貝のペアの打ち上げが多くて、かなりいい物が採れました。
あんなにサツマザクラのペアがたくさん打ち上がる所は他に知りません。
カノコアサリ類も、良い標本になりました。
[ 2013/09/07 21:39 ] [ 編集 ]
こんばんは^ ^
kudamakiさん、こんばんは^ ^

ですよね、私もあの時、初めて良いペアのカノコアサリゲットしました^ ^
二枚貝の打ち上げ、ほんとに良かったですよね。
ところで、先の記事のカガミガイは何だと思いますか?
[ 2013/09/08 00:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR