潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > スポンサー広告> 和歌山の貝 > ショクコウラ科 > ヒメショクコウラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヒメショクコウラ

amouretta.jpg

Harpa amouretta RÖDING, 1798 ヒメショクコウラ
  Syn: crassa KRAUSS, 1848、minor LAMARCK, 1822
ショクコウラ科 ショクコウラ亜科 2013年7月 串本町 潮岬 オゴクダ浜 打ち上げ 25.5mm

模式産地:インドネシア アンボン
分布:紀伊半島、四国、九州、奄美大島、沖縄、フィリピン、インドネシア、北マリアナ諸島、
   グアム、フィジー、ハワイ諸島、マルケサス諸島、バヌアツ、マジュロ、パプア・ニューギニア、
   オーストラリア(クイーンズランド州〜西オーストラリア)、スリランカ、紅海、ソマリア、
   ケニア、タンザニア、チャゴス諸島、アルダブラ環礁、セーシェル、レユニオン諸島、
   モーリシャス、マダガスカル、モザンビーク、南アフリカ(ダーバン)
   水深5〜30m サンゴ礁周辺の砂底

これも先日の夏のオフ会の時にオゴクダで採集した個体。
台風の影響で海に入れず、意気消沈してた時に見つけたのでとても嬉しかったです^ ^
(本来なら今日はヒメアワビとヒラヒメアワビの予定だったのですが、写真が気に入らなかったのでまたいずれ紹介したいと思います。)

本種は中部太平洋から西太平洋、インド洋の広範囲に普通に分布する貝で、中部太平洋には更に細く小型で華奢な近縁種、gracilis BRODERIP & SOWERBY, 1829 ホソショクコウラが知られます。(こちらはかなり稀な種類です。)
この仲間は軟体は派手でかなり大きく、捕食者に襲われると自切します。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
PHILIPPINE MARINE MOLLUSKS VOLUME Ⅱ(GUIDO T. POPPE著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR