潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > スポンサー広告> 和歌山の貝 > イガイ科 > カクレイシマテ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カクレイシマテ

erimitica.jpg
Lithophaga erimitica KURODA & HABE in KURODA, HABE & OYAMA, 1971 カクレイシマテガイ
イガイ科 シギノハシガイ亜科 2006年2月 南部堺港揚がり 南部沖 エビ刺し網 水深30m 17mm

模式産地:相模湾
分布:房総半島、紀伊半島、瀬戸内海、四国、九州
   潮間帯下部〜水深20m 軟泥岩や石灰質の基質に穿孔

港には石サンゴ類や礫なども網に掛かった漁労屑として沢山捨てられていますが、それらにも良く見ると色んな貝が着いています。
穿孔性の貝もそんな中から多くの種を見い出すことができますので見落とせません。
本種は殻質の厚いフジツガイ類やウミギクガイ類、イシサンゴ類に穿孔しているのを良く見かけますが、珍しいフジツガイ類を得た時にこの種によって大きく穴を開けられていることが多々あり、がっかりする事があります。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
相模湾産貝類(解説:黒田徳米・波部忠重・大山 桂)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
関連記事
[ 2015/12/13 16:46 ] 和歌山の貝 イガイ科 | TB(0) | CM(2)
いいですねえ。
 今晩は。今年も残すところあとわずかになりましたね。
 イシマテ類はじめ穿孔系の貝は、殻は割と地味なものが多いですが、なかなかしぶい生態をしていて結構好きです。ただ、生息場所がかなり限られているので数はあまり採集していません。このような種をお持ちとはうらやましいです。

 さて、今年も和歌山県産の面白い貝や貴重な貝をたくさんお見せ頂きありがとうございました。私にとってはうらやましいものばかりでしたが、画像を見るだけでも大変楽しく、癒されました。また、現物を熟知しておられるMozuさんならではの様々な角度から見た貝に関するコメントはとても興味深く勉強になり、いつも楽しみにしていました。来年もどうぞよろしくお願い致します。
[ 2015/12/31 23:07 ] [ 編集 ]
@メダカラさん

明けましておめでとうございます
本年もよろしく応援お願い致します^ ^;
[ 2016/01/01 13:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR