潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > スポンサー広告> 和歌山の貝 > ウミウサギガイ科 > レーダーキヌヅツミ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レーダーキヌヅツミ

rehderi1.jpg
rehderi2.jpg
Phenacovolva rehderi CATE,1973 レーダーキヌヅツミガイ
ウミウサギガイ科 2015年11月 南部堺港揚がり エビ刺し網 33mm

模式産地:紀伊沖 水深27m
分布:房総半島、紀伊半島、南アフリカ
   水深27〜200m

本種は今まで数少ない報告しかされていない非常に稀な種の1つです。
subreflexa (A.ADAMS & REEVE,1848) ムラクモキヌヅツミガイに似ていますが殻色が淡い黄色で群雲模様が出ず、両端がオレンジ色に染まります。(殻の特徴も若干異なります。)
また滑層周縁部に黄色いラインが入ります。

しかし、実際の所はもしかしたらムラクモキヌヅツミの1型なのかも知れません。
キヌヅツミ類は特徴が少なく、分類が困難な種が多いです。

参考文献:
PHILIPPINE MARINE MOLLUSKS(Guido T. Poppe著)
ウミウサギ -生きている海のジュエリー(飯野 剛・監修:高田良二・生態写真:高重 博)
The living Ovulidae(Felix Lorenz, Dirk Fehse著)
大分県産貝類目録・図譜(濱田 保著)
関連記事
来ましたか!
おお、これは…。手に入れられましたか!これはあのお方の個体ともまた違うフォルムですねえ。私のは菱形っぽいですし…。この形のバラエティ具合は、やはりムラクモの色違いと見るべきなのかなあ。クレンチもよくわからないですが…。
[ 2015/12/07 01:03 ] [ 編集 ]
雉猫さん、こんばんは^ ^

少しかわったものが採れたと写真を見せて頂いき第一印象で『!!』と思いました。

これもゲノムをやらないと分かりませんが(簡単には採れないでしょうが;)
僅差なのではないかと思っています。

最近は本業が忙しくて、夏に頂いたサンプルも全く手が付けれていないです_ _
申し訳ないです_ _
[ 2015/12/09 21:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR