潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > スポンサー広告> 和歌山の貝 > ニシキウズガイ科 > シロナツモモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シロナツモモ

pallidus.jpg
Clanculus gemmulifer PILSBRY, 1901 form. pallidus PILSBRY, 1903 シロナツモモガイ
ニシキウズガイ科 ニシキウズガイ亜科  2005年5月 白浜町 潮間帯 9.5mm

模式産地:土佐柏島
分布:紀伊半島、四国、九州
   潮間帯下部〜水深30m 岩礫地

九州西岸以南に産するgemmulifer PILSBRY, 1901 ベニエビスガイの1型でベニエビスと異なり黒い点の前後が白い斑点になるところはナツモモガイと同様ですが本種の方は白い斑点の面積の方が若干広くなります。

本種は日本の貝類図鑑に原型のベニエビスよりも記載される機会が多いですが何故か近海産図鑑ではどちらも紹介されていません。

追記:2015年11月1日
参考にベニエビスの画像を紹介します。
本種と1型のシロナツモモの違いを上記の様に紹介しましたが、画像で見る限り白い斑点は存在し黒斑と共に非常に小さいようです。(顆粒自体が小さめ?)あとは名前のまま赤味が強いようですね。


gemmulifer.jpg
Clanculus gemmulifer PILSBRY, 1901 ベニエビスガイ
1993年5月 長崎県 南島原市 口ノ津町 小早崎 潮間帯 11mm

参考文献:
続原色日本貝類図鑑(波部忠重著)
決定版生物大図鑑 貝類(奥谷喬司監修)
標準原色図鑑全集3 貝(波部忠重・小菅貞男 共著
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
関連記事
ベニエビス見たい!
この貝、買っちゃいました。それとあとでいくつか頂きました。ベニエビスはいまだ手に入らず、そのかわり、ベニエビスの載った古い図鑑を買いました。
どちらの貝も自己採集はまだ。シロナツモモは白浜や椿あたりで拾えるそうなんですが、何度か行きましたが、「おー!?」と思ったのはみんなナツモモの幼貝。いつか、拾いたい。
[ 2015/10/26 09:10 ] [ 編集 ]
buubuuさん、こんばんは^ ^

私のこの標本も購入したものですが、死殻ならオゴクダで何度か採集しています。
あと、長崎県産のベニエビスを比較用に載せようと思っていたのですが、只今探し中です^ ^;
また見つかって撮影できたら載せますね.
[ 2015/10/27 00:02 ] [ 編集 ]
ベニエビス
buubuuさん、

ベニエビス、載せましたが
実際に撮影してみると図鑑で紹介されている特徴とは少し違ってました。
[ 2015/11/01 15:07 ] [ 編集 ]
こんばんは
お久しぶりです。
ナツモモとどこが違うのか…ちっ~とも分からん(* ̄∇ ̄)ノ
沢山いるナツモモ全部持ってきたとしたら混ざってるものなんですかね?
生息場所が微妙に違っていたり?
まっ~見つけても見分けられませんが( ´∀`)
[ 2015/11/08 00:26 ] [ 編集 ]
VIVAちゃん、こんばんは^ ^

ぱっと見て、黒い斑点が目立たないのが本種です。
[ 2015/11/08 19:04 ] [ 編集 ]
水の中で見分けられるのか…
注意深く数を見ないと難しいのでしょうね(*´ー`*)
[ 2015/11/10 16:26 ] [ 編集 ]
Mozu さん ありがとうございます。
某先生のニシキウズガイ科の中にあるかな、と思って期待しましたがテイオウナツモモはありましたがベニエビスはなく、そういえばナツモモもあった? 見た覚えがない...。
ベニエビスは数は少ないのかな? 逆にナツモモはどこにでもあるから?
(大学生に「標本見せてください」と言われたが、あまりにかたづいていないのと、種類のなさに「かたづいたらね」と答えておいた。きつきつぼさんの標本を見た後で buubuu の標本は見れたもんじゃない。ああ、1回あの御方の標本見てみたい...)
[ 2015/11/14 20:31 ] [ 編集 ]
VIVAちゃん、
見慣れたら、雰囲気で一目で分かるようになりますよ。
VIVAちゃんがタカラガイを見分けられるように(笑

buubuuさん
私はテイオウよりもやはりイチゴナツモモが大好きですね
世界の貝を20選するとなると絶対選ぶであろう貝です。
人の標本を見るとがっかり(自分の標本に)することは多々ですが、
やはり自分で集めた標本は思い出が1つ1つに詰まっていて一番に思えますし、逆に他の方から見ると羨む標本も必ずあると思いますよ^ ^
[ 2015/11/15 14:10 ] [ 編集 ]
おお!
 ベニエビスの画像ですねえ。一度きちんと大きな画像で見たかったので感激です。ありがとうございます。この貝和歌山でも拾ってみたいなあ(無理ですね・・・笑)。それにしても、干潟ではなく、岩礁性の貝でも、九州西岸だけにしかいない貝というのはちょくちょく見かけますね。ほぼ同じ緯度の九州東岸やそれよりは少し北の四国南部、九州南部と何が違うのでしょうね。水塊?大陸との位置関係?興味深いです。
 ああそれと、近年和歌山ではウスイロナツモモも見かけるようになりましたね。
 
[ 2015/11/23 21:59 ] [ 編集 ]
メダちゃん、

九州西岸の潮間帯で得られる面白い貝にチョウセンニシとかスジボラとかありますよね。
(スジボラはこちらでも打ち上げで得られますが、そんな浅い所で得られるのは珍しいですね。)

ウスイロ、生態写真を貝博士に見せて頂きましたが…
欲しいなぁ。
[ 2015/11/29 14:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR