潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > スポンサー広告> 和歌山の貝 > イモガイ科 > コドングリイモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コドングリイモ

granum.jpg
Conus granum RÖCKEL & FISCHOEDER, 1985 コドングリイモガイ
イモガイ科 2011年7月 串本町 潮岬 オゴクダ浜 打ち上げ 19mm

模式産地:不詳
分布:八丈島、紀伊半島、沖縄県、フィリピン、タイ、オーストラリア北西部、モルジブ諸島、
   レユニオン諸島、モーリシャス
   潮間帯下部〜水深25m 岩礁間の砂底、サンゴ礁

この貝もオゴクダで見られる貝でkudamakiさんの所では和名はチカゲイモを当てられています。
目録や近海産図鑑ではtenuistriatus SOWERBY. II, 1858の和名がチカゲイモとなっています。
ですがtenuistriatus SOWERBY. II, 1858は模式図を見るととても分厚い貝でどちらかと言うとglans HWASS in BRUGUIÈRE, 1792 ドングリイモガイに近い貝です。
granumと言う学名には近海産図鑑ではコドングリイモと言う和名がついていますので取りあえずこれに従おうと思います。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
Catalogue and bibliography of the marine shell bearing mollusca of Japan(肥後俊一・Paul Callomon・後藤芳央 共著)
MANUAL OF LIVING CONIDAE VOLUME 1: INDE-PACIFIC REGION(Dieter Röckel, Werner Korn & Alan j. Kohn共著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)

関連記事
[ 2015/09/27 18:34 ] 和歌山の貝 イモガイ科 | TB(0) | CM(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/09/29 16:58 ] [ 編集 ]
Re: チカゲイモ
こんばんは、ご指摘ありがとうございます。

ですから、私はどの貝にどの名前が最初についたか分からないと断っています。(チカゲとソナレに関して)
あと、近海産図鑑のあの図をチカゲイモとは一言も言ってません。

私は和名よりも学名がどの貝についているかの方を重要視してます。
和名は強制性はないと思っています。(ウミウサギの本で自ら主張しています。)
ですから、個人的感情抜きにして私は合っていると思う方を使うだけです。

一番問題だと思うのはあのような大きな図鑑で、しかも著名な学者さんやコレクターがあんなに名を連ねてるのに間違った発信をしてしまった事であると私は思います。
[ 2015/09/29 19:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR