潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > スポンサー広告> 和歌山の貝 > タカラガイ科 > ジャノメダカラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジャノメダカラ

argus1.jpg
argus2.jpg
argus3.jpg
Arestorides argus (LINNAEUS, 1758) ジャノメダカラガイ
タカラガイ科 2008年 田辺湾 天神崎沖 水深7〜8m 78.5mm

模式産地:東アフリカ
分布:紀伊半島、四国、奄美大島、沖縄県、小笠原諸島、フィリピン、
オーストラリア(クイーンズランド州〜西オーストラリア)、ソマリア、タンザニア、
ケニア、セーシェル諸島、モーリシャス、マダガスカル、モザンビーク
   潮間帯下部〜水深30m 岩礁、サンゴ礁

四国では記録がありましたのでいつかは採れるんじゃないかと思ってましたが…
本標本は和歌山県初記録です。
(近海産図鑑の初版の図は裏焼きです。)

ジャノメダカラは小さな頃からタルダカラと並んで大好きなタカラガイで、小学生6年生だったと思いますが鳥羽水族館がまだ旧館だった頃に貝だけの比較的、専門的な売店で他の貝に目もくれず本種を買ったのを思い出します。確か800円だったかなぁ…。
(その時に買った『潮騒は貝のささやき』ってパンフレットを今も大切に持っています。)

なお、東アフリカ産の目玉模様が大きく少ないタイプをcontrastriata (PERRY, 1811) オオモンジャノメダカラガイと呼びますが現在は異名とされています。

この標本は、友人のやびつ貝類館館長 南方さん譲渡。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
PHILIPPINE MARINE MOLLUSKS VOLUME Ⅱ(GUIDO T. POPPE著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
A GUIDE TO WORLDWIDE COWRIES(FELIX LORENZ JR・ALEX HUBERT)
関連記事
うえ~…
ジャノメいるんですね!!
超ビックリこきましたです。

破片でも良いので串本でも打ち上んないかなぁ…
ジャノメがいるならムラクモもいるんでしょうか???

[ 2015/04/20 00:34 ] [ 編集 ]
ビカリヤさん、こんばんは^ ^

そうなんです、そのうち採れると思っていたんですが…
入手元は和歌山を専門に潜られてる方で、ご本人は貝に疎く『ホシキヌタ』だと思っていたそうです^ ^;

ハラは今まで何度か聞いた事はありますが、ムラクモはさすがにないですね。
四国でもまだ記録はないんじゃないでしょうか?

ジャノメ、田の崎辺りなら打ち上げられそうですね。
[ 2015/04/20 21:03 ] [ 編集 ]
ポイントまで想像できるのはさすがです。
たしかに上がりそうですね。
ガサガサのタルみたいなやつも確認しながら探してみます。

ハラは口だけですが採集できました(恐ろしいほどボロボロですけど…)
[ 2015/04/20 23:18 ] [ 編集 ]
ビカリヤさん、

田の崎、ガスが多いですが皆さん結構変わったものを拾われてますよね。

ハラ、それでも凄いですね
さすがです@ @
[ 2015/04/21 23:22 ] [ 編集 ]
すごいですねえ。
 今晩は。お久しぶりです。
 和歌山産ジャノメすごいですねえ。驚きです。殻の状態も申し分ないですね。羨ましいです。本当に多くの幸運が重ならないと手に入らないでしょうね。ていうか入手はほぼ不可能?
 天神崎沖(もしかして沖の島周辺ですか?)は、黒潮の分枝流の影響をまともに受けるので貝類相も面白そうですね。田辺~南部の海底のサンゴの被覆度も串本並みに高い地域もあるようなのでこれからも楽しみですね。
 願わくば、近くにオゴクダのようにこれらの地域の貝がまとめて打ちあがる浜があれば良いのですが・・・
[ 2015/05/31 22:15 ] [ 編集 ]
メダちゃん、こんばんは^ ^
お久しぶり〜

私も驚きでした^ ^;
あの沖や、番所崎、富田沖とかはかなり面白い場所なんでしょうね。
私もスキル落ちしましたがもぐってみたいです。(採集はできませんが;)

いやいや、それでもメダちゃんの住んでる場所は私から見たら凄く羨ましいです><
[ 2015/06/02 00:22 ] [ 編集 ]
ジャノメダカラ
初めまして。てれさです。
ふとジャノメダカラの完品を拾いたくなって産地を調べてました。

初めてオゴクダに行ってタルダカラの破片と一緒くたにジャノメダカラの破片も見つけて
あー南国だなーとか思ってましたが、和歌山では稀産なのですね。
破片イラネ…じゃなくて、大事に保存しなきゃです。

ググったところ、南西諸島に記録が多いのは当然として、
”慶良間諸島で多数の打ち上げがあった”という書き込みが気になっています。
もっとも2006年以前の話、しかも以降はそのようなことは無かったともありますが^^;
まあ、何度も沖縄に行ってみることにします。

潜れば、それなりに見つけられるのでしょうけど・・・いいなぁ
[ 2017/03/27 22:02 ] [ 編集 ]
てれささん、はじめまして^^

ジャノメ破片でも凄いと思いますよ。
和歌山は猛者が訪れる事が多いのでなかなか良いのが残ってませんから^^;
(大切に記録として残して下さい)
[ 2017/03/29 23:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR