潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > スポンサー広告> 和歌山の貝 > ハナゴウナ科 > Echineulima sp.1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Echineulima sp.1

Echineulimasp.jpg
Echineulima sp.1
ハナゴウナ科 2009年3月 南部堺港揚がり 切目崎沖 ヒラメ刺し網 水深120m 7.5mm・10mm

深所からヒラメ刺し網に掛かってきたAraeosoma owstoni MORTENSEN,1904 オーストンフクロウニに寄生していた未記載種と思われるEchineulima属の1種です。
今まで2度採集していて大小(雌雄?)で対になって寄生しています。
このウニには同科のMelanella araesomae (HABE, 1992) オーストンフクロウニヤドリニナも寄生する事が知られています。
また、オーストンフクロウニは春先に比較的浅い場所に移動するらしくその際にダイバーによって確認されていて、同じくこのウニを宿主とするPericlimenes hertwigi Balss, 1913b カゴウニカクレエビはダイバーに人気があるようです。

ohusuton.jpg

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
関連記事
土佐でも
南部で採集した個体もありますが、以前に高知県安芸沖-150m深のトロールで2個体採集したことがあります。
安芸沖の漁場は-100~-150m程だとリンボウガイ、ヒヨクガイがたくさん掛かる場所で南部のこの貝と一致しますね。、
[ 2015/01/11 23:26 ] [ 編集 ]
きつきつぼさん、こんばんは^ ^

この貝はオーストンフクロウニヤドリニナよりも珍しくないと思います。
知り合いの漁師さんが白崎の沖、水深70m程でも確認しています。
(きつきつぼさんはこのての貝かウロコガイ系でコメントしてくださると思ってました^ ^;)
[ 2015/01/12 00:44 ] [ 編集 ]
未所持です
こんにちは。
私はまだこの貝に出会っていませんが、これからもどうですかね。
早いうちに採集できたらよかったのですが。
私もこの仲間を紹介しているので、紹介する貝が増えて良いですね。
[ 2015/01/12 13:19 ] [ 編集 ]
kudamakiさん

これからこの貝を手に入れるのは難しいかもしれませんね。
kudamakiさんところと合わせたら相当な種類の和歌山の貝を紹介できてるでしょね^ ^
[ 2015/01/12 16:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR