潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > スポンサー広告> 和歌山の貝 > イタヤガイ科 > キンチャクガイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キンチャクガイ

striatus1.jpg
striatus2.jpg
striatus7.jpg
striatus3.jpg
striatus5.jpg
Decatopecten plica LINNAEUS, 1758 キンチャクガイ(ヒナキンチャクガイ)
  Syn: striatus SCHUMACHER, 1817、subplicatus G. B. SOWERBY II, 1842、velutinus G. B. SOWERBY II, 1842
イタヤガイ科
 1995年12月 南部堺港揚がり 南部沖 エビ刺し網 水深40m 42mm
 2005年3月 御坊市 名田町 上野港揚がり 名田町沖 エビ刺し網 水深40m 43mm
 2007年12月 南部堺港揚がり 南部沖 エビ刺し網 水深40m 44mm

模式産地:アジア
分布:房総半島・男鹿半島、紀伊半島、瀬戸内海、四国、九州、奄美大島、沖縄県、小笠原諸島、台湾、
   中国南部、ベトナム、フィリピン、インドネシア、タイ、スリランカ、インド、オマーン、紅海、
   マダガスカル
   潮間帯下部〜水深50m 砂礫底、サンゴ礁

色彩は変異に富み、やや内湾の岩礁周辺の砂礫底から刺し網に掛かってきます。
私の経験では本種はCapulus dilatatus A. ADAMS, 1860 カツラガイの寄生率が非常に高いです。
美しい個体は少ないように思えます。

現在はヒナキンチャクガイと同種とされています。
オーストラリア周辺には生息せず、代わりに近縁なstrangei (REEVE, 1852) コガタキンチャクガイ(アラフラキンチャクガイ)が分布します。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR