潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > スポンサー広告> 和歌山の貝 > ハボウキガイ科 > ヤマアラシタイラギ(仮称)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヤマアラシタイラギ(仮称)

hystrix.jpg

Atrina hystrix (HANLEY, 1858) ヤマアラシタイラギ(仮称)
ハボウキガイ科 1997年2月 南部堺港揚がり、田辺湾内、水深30mガレ場 117mm

以前、私のHPでAtrina (Servatrina) lischkeana (CLESSIN, 1891) リシケタイラギとしていたものです。
フィリピンなど東南アジアに分布しますが恐らく日本産の正式な記録はないのではないかと思います。
南部堺で今まで2度(1度は両片の死殻)入手しただけで、国内では希少種だと思います。
鱗片がかなり顕著なので他種とは明確に区別出来ると思います。
なお、学名の"hystrix"はヤマアラシのことです。

かなり古い記憶で曖昧なのですが高知県の桂浜にある桂浜貝類展示館シェルパレスに『スギモトタイラギ』として展示されていたものは本種と非常によく似ていたような気がします。

参考文献:PHILIPPINE MARINE MOLLUSKS VOLUME Ⅲ(GUIDO T. POPPE著)
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR