潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > スポンサー広告> 和歌山の貝 > マルスダレガイ科 > オキナワワスレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オキナワワスレ

langfordi2.jpg
Sunetta langfordi (HABE, 1953) オキナワワスレガイ
マルスダレガイ科  2009年3月 由良町 白崎沖 マンガン漁 水深60m 13mm

模式産地:沖縄本島糸満沖
分布:紀伊半島、沖縄県
   水深5〜30m 砂底

A CATALOGUE OF MOLLUSCS OF WAKAYAMA PREFACTURE THE PROVINCE OF KII 補完版(小山安生著)によると上祓井戸の打ち上げでも記録があるようですが、この標本は北部の小型底引きで得られた砂の中から見つけました。
本土からの記録は珍しいようです。

参考文献:
A CATALOGUE OF MOLLUSCS OF WAKAYAMA PREFACTURE THE PROVINCE OF KII 補完版(小山安生著)
Catalogue and bibliography of the marine shell bearing mollusca of Japan(肥後俊一・Paul Callomon・後藤芳央 共著)
続原色日本貝類図鑑(波部忠重著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)

関連記事
いいですね。
 今晩は。毎日蒸し暑い夜が続きますね。
 いい貝ですねえ。
 対岸の徳島~高知東部と異なり、和歌山(特に南紀)には、この仲間の貝がしっかり住めるような開放的な砂浜海岸が極めて少ないですね。それにも関わらず、しっかり採集されていますね。凄いです。他県では普通種かもしれませんが、ナミノコやフジノハナ、チョウセンハマグリ等は、ごく限られたポイントでしか見つかりませんよね。この県の最も弱い部分(環境)かなあ?

 それにしても、このマンガン漁で得ることのできる貝は、独特ですね。
 これからも楽しみにさせていただきます。
[ 2014/07/17 21:31 ] [ 編集 ]
メダちゃん、こんばんは^ ^

二枚貝、和歌山で集めるのは大変です;
良い産地はほとんど壊滅してしまったし…

明日、久しぶりにお会いするのを楽しみにしています/
[ 2014/07/18 22:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR