潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > 和歌山の貝 > トウカムリガイ科 > ウラシマガイ

ウラシマガイ

persimilis.jpg
Semicassis bisulcata (SCHUBERT & WAGNER, 1829) form. persimilis KIRA, 1959 ウラシマガイ
トウカムリガイ科 2007年4月 南部堺港揚がり 田辺湾内 エビ刺し網 水深30m 57mm

模式産地:本州中部 水深20〜40m
分布:房総半島・男鹿半島、紀伊半島、四国、九州、奄美大島、沖縄県、台湾、中国南部、南シナ海
   水深30〜100m 砂底、細砂底、細砂泥底

分布も広く、最も多く見られるタイプです。
前2フォームと比べて殻、外唇、螺肋、模様が薄くやや大型になるのが特徴です。

紀伊水道ではマメシボリウラシマと共に普通に見られます。
この仲間の食性から考えると同所に多産するブンブク類を餌としているものと考えられます。

なお、基本フォームのbisulcata (SCHUBERT & WAGNER, 1829) ワダチウラシマガイは高知県以南に分布するとされていますが、はて?どうなんでしょう??

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
関連記事
いると思ってます
こんばんは。
ワダチウラシマは、和歌山でもいると思っていますが、特徴の縫合近くの太い螺肋が明瞭な個体を採集しています。
明日にでも画像掲示板の方に載せたいと思います。
[ 2014/06/16 23:43 ] [ 編集 ]
kudamakiさん、こんばんは^ ^

やはりいるでしょうね。(少なくともリュウグウウネは確実にあるでしょう。)
でも、この仲間は本当の所どこまで分かれるんでしょうね。

画像楽しみにしています。
[ 2014/06/17 19:48 ] [ 編集 ]
いいですね。
 今晩は。今日は1日雨でした。
 この貝は、こちらではあまり打ちあがりませんが、以前は、Mozuさんもよくご存じの‘タコクラゲ浜(笑)’で台風の後などに海藻の打ち上げ帯中で時々見かけることがありました。形、模様とも良いので、拾うと子供心にうれしい貝の一つでした。最近は、あまり見ないですが・・・
 同所的に様々なウラシマガイがいる田辺湾、面白いです。
[ 2014/06/22 20:44 ] [ 編集 ]
メダちゃん、こんばんは^ ^

あの浜、もう何年行ってないだろう?
台風のあと何か特に結構面白い浜でしたよね。
生きたホシなんかも手に入れた方もおられますし。

ウラシマは今後の課題ですよね。
[ 2014/06/22 23:12 ] [ 編集 ]
ふふふっ(⌒‐⌒)
[ 2014/06/23 00:12 ] [ 編集 ]
一緒ですよ。一緒(コソッと)(* ̄∇ ̄)ノ
[ 2014/06/23 00:14 ] [ 編集 ]
VIVAちゃん、酔ってるだろ^ ^;

ウラシマは中間的なものがなくて、それぞれの区別がはっきり出来る場合が多いですよ〜。
ゲノムやってみたいですね〜。。
[ 2014/06/23 23:07 ] [ 編集 ]
酔ってたと思いますよ~。
じゃ~なきゃチャチャいれないですよ~。

ゲノム解析しちゃいましょう!
どれどけ珍しいのか分かりませんが

[ 2014/06/25 23:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR