潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > スポンサー広告> 和歌山の貝 > ムシロガイ科 > キクチムシロ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キクチムシロ

fretorum.jpg
Nassarius fretorum MELIVILL & STANDEN, 1899 キクチムシロガイ
  Syn: pusio A. Adams, 1852、ariel Preston, 1910
ムシロガイ科 2007年4月 南部堺港揚がり 南部沖 エビ刺し網 水深60m 4.5mm

模式産地:不詳
分布:紀伊半島、フィリピン、西オーストラリア、南アフリカ(ナタール)

漁労屑から得ました。
本科の種としては非常に小型です。
kudamakiさんのブログではオゴクダの打ち上げでも得られるようですので浅海の種のようですが
文献にあまり載らない貝で詳しいデータがありません。
ポッペ本にも紹介されていますが17mmと大型で雰囲気も異なるため別種なのかもしれません。
Australian Marine Shells 2では12mmまでの小型種としてイラストで紹介されています。

和名は阪神貝類談話会の故菊池典男先生に献名されたもののようです。
お会いした時は良く叱られ、よく飲まされ、貝というより生き様を色々とお教え頂きました。
(先生から頂いた年賀状は宝物にしています^ ^)
今は絶滅した?これぞ日本男子って感じの方でした^ ^

参考文献:
Australian Marine Shells 2(BARRY EILSON)
PHILIPPINE MARINE MOLLUSKS VOLUME Ⅱ(GUIDO T. POPPE著)
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR