潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > スポンサー広告> 和歌山の貝 > フジツガイ科 > ツブリボラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ツブリボラ

gutturina.jpg
Ranularia gutturina (RÖDING, 1798) ツブリボラ
  Syn: formosus PERRY, 1811、clavator DILLWYN, 1817、labiata SCHUMACHER, 1817、
     longirostra SCHUMACHER, 1817、macrourum LINK, 1807

フジツガイ科 2003年12月 南部堺港揚がり 南部沖 エビ刺し網 水深50m 75mm

模式産地:アジア
分布:紀伊半島、九州西岸、奄美大島、沖縄県、インド・熱帯西太平洋
   水深20〜50m 岩礁

同属のコシダカフジツガイと同じような場所、深さに生息しますがずっと少ない貝です。
似た種にsprigsteeni (BEU, 1987) ニヨリツブリボラがありますがこちらは殻口が橙色ではなくピンク色になるそうですが和歌山では採集していません。
和歌山では更に珍しい貝、exilis (REEVE, 1844) ヤセツブリボラも確認されているようです。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
関連記事
懐かしいなあ。
 友人と初めて堺に行った時に漁師さんから頂いた貝の一つです。打ち上げでは決して見つからない、その特異な形の貝に「エビ網採集って面白いなあ。」とつくづく感じたのを今でもよく覚えています。
 かれこれ20数年以上前の話です。懐かしいなあ。
 あの当時はまだ、漁師さんから、「おうい。兄やん」と呼ばれていたのですが・・・ 年月の流れというのは残酷ですね(笑)。
[ 2014/05/10 21:39 ] [ 編集 ]
そうですね、私も『バイクの兄やん』って呼ばれていた頃は刺し網がこんな衰退するとは夢にも思いませんでしたT T
ツブリボラ、いくつも手放したのが悔やまれてなりません。
[ 2014/05/10 22:59 ] [ 編集 ]
私はその頃ダイハツの部品会社にいましたので、「ダイハツの兄やん」と呼ばれていましたね。
今はそんな活気が無くなりすっかり寂しくなりました。
[ 2014/05/11 23:14 ] [ 編集 ]
きつきつぼさん、こんばんは^^

懐かしい呼び名ですね。
あと御坊の○頭屋とか、尾○の先生とか、あ○の素とか、土○さんの弟子とか……
松宮さんや小山さん、土生さんの呼び名だけはそのままでしたね。
[ 2014/05/11 23:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR