潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > スポンサー広告> 和歌山の貝 > ニシキウズガイ科 > タイワンキサゴ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

タイワンキサゴ

suturale1.jpg
suturale2.jpg
suturale3.jpg
suturale4.jpg
Umbonium suturale (LAMARCK, 1822) タイワンキサゴ
ニシキウズガイ科 キサゴ亜科
   2007年8月 串本町 上浦 打ち上げ 15mm
   2007年8月 串本町 上浦 打ち上げ 13mm

模式産地:不詳
分布:紀伊半島(上浦、白浜)、高知県(土佐)、種子島、奄美大島、徳之島、沖縄県、台湾
   潮間帯下部〜水深10m 砂底

本種は外海の奇麗な砂浜に棲息します。
殻の色彩は変異に富みますが、通常は上の個体のようなパターンが多いです。
殻は艶やかで奇麗な貝です。
本土では少し水深のある所に居るようで時化た後に新鮮な死殻は得られますが、生きた個体を確認した事がありません。
(ドレッジで得たと言う話を聞いた事があります。)

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
干潟の絶滅危惧動物図鑑(日本ベントス学会編)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
関連記事
採れてますよ
打ち上げの上浦海岸3~5mくらいのドレッジで確認してます。
浅い所にいるので、泳げば十分採集できるかもしれませんね。
[ 2014/04/20 21:43 ] [ 編集 ]
kudamakiさん、こんばんは^ ^

そうですね、それぐらいの深さでしょうね…
昔、あそこで泳いでいてヨシキリザメを見た事があるんです。
だから手引きドレッジ試したいのですがためらっています^ ^;
[ 2014/04/20 21:59 ] [ 編集 ]
 こちらでは、私自身この貝は90年代までは、白良浜より南でしか見かけたことがなかったのですが(白良浜では多産していました)、最近はそれより北の地域でもキサゴに交じってこの貝をちらほら見かけます(むしろキサゴの方が少なくなったかも)生息環境の変化(水質、底質)等の変化も関係していると思いますが、やはり温かくなってきたのかなあと・・・
 この貝を見て思い出したのですが、和歌山産のダンベイはもう取れないんでしょうかねえ。以前見つけた県南東部の産地もいつのまにかだめになっていました。いい個体が欲しかったなあ。
[ 2014/04/20 22:17 ] [ 編集 ]
タイワンはキサゴよりも奇麗な砂浜を好むような気がします。
白良浜より北にも進出してるんですね。

南紀のダンベイを見た事ないです。
あれば欲しいですね。。
昔(高校の頃)は加太で腰あたりまで浸かれば、生きたキサゴがごろごろ出て来たのが懐かしいです。
あの時の立派なキサゴの標本を失ってしまって後悔しています。
[ 2014/04/20 22:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR