潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > スポンサー広告> 貝四方山話 > フタ(蓋)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フタ(蓋)

 巻貝は主に軟体を外敵や外環境から守るためにフタをもつ種が多いです。
(皮肉にも刺し網に掛かった貝はフタが網にからんでる場合が多いです。)

 フタには大きく分けて角質のものと、サザエやタマガイ、アマオブネの仲間のように石灰質のフタをもつものの2つに分かれ、時にはフタが種の特定につながることもあります。
(タマガイ科やサザエ科には両方のタイプの種が所属します。)
ですから、学術的な標本ではきちんと残すことをお勧めしますし、また本来フタがある種なのにない標本は締まりが悪く見えてしまうものです。
また、フタにはフタの成長の起点となる核が存在し、種によって真ん中だったり下方だったり内側だったり外側だったり色々あります。

 軟体を殻を大きく覆う貝類はフタが退化的だったり完全に退化している場合が多いです。
そういった貝類は外套膜が殻を覆うため滑層が発達し艶やかで彫刻等がないものが多いです。

 フタも薬品処理には弱いので標本を作る時は注意が必要です。
海外から購入の標本で角質のフタがやたらピカピカなのは次亜塩素酸ソーダで溶かしてしまった証拠です。
また、購入して標本を手に入れる場合、悪質ディーラーはその個体のフタでないものを代わりに着けたり、もっと悪質の場合は他種のフタが着いていることがありますので注意と見極める経験が必要となります。逆にそれが信用出来るディーラーかどうかという見極めになることもあります。(慣れてくればフタの形状や大きさなどでその個体のものかどうか何となく分かって来ます。)


zu9.jpgzu10.jpg
左;アクキガイ科のものはしっかりと殻口を覆うものが多いです。右:サザエ科のものはブローチのように美しくしっかりした石灰質のフタが多いですが中にはニシキウズ科の様なフタをもつものもあります。

zu12.jpgzu11.jpg
タマガイ科の貝は角質と石灰質のフタをもつ2つのグループに二分されます。石灰質のフタの特徴は種によって少しずつ異なり分類の重要な手だての1つとなります。

zu13.jpgzu16.jpg
ニシキウズガイ科やエビスガイ科のフタは螺旋型のまんまるフタです。(とても脆いフタです。)

zu15.jpgzu14.jpg
左:イモガイ科のフタは退化的で、個体によっては失われている場合も多々でフタとしての機能も既に果たしていないようです。右:よくビギナーの方がイモガイと間違われるマガキガイのフタは他のソデボラ科の種と同じく片側(外側)が鋸歯状です。この仲間のフタは生きることに何か役立っていそうな気がします。

上の貝の部分写真の種類を全部当てられたら凄いです^ ^;
(マガキガイ以外、今回は簡単かな?)



関連記事
[ 2014/04/05 23:40 ] 貝四方山話 | TB(0) | CM(4)
どうかなあ。
 今晩は。少し寒くなってきましたね。今年の春は、あまりいい波に恵まれていません。
 今回は蓋ということで、生貝にあまり縁のない自分にとっては少し難しかったです。すぐ分かったものと、あまり自信がない、または全く分からないものとにはっきり分かれました。
 上から 左 トサツブリ  右 タツマキサザエ
     左 分かりません(なんか見たことあるようなないような。どなたか       お助けを・・・) 右ヒロトラダマ
     左 ノボリガイ  右 キイエビス(かなあ?)
     左 クロフモドキ?(あまり自信ありません。別のイモのマイナー               な部分の模様を拡大しているかも。)

 まあとりあえずこんな感じで・・・ 完答してないやん(苦笑)

 ところで、湯がいて殻の奥深くに引っ込んでしまった蓋ってやっかいですね。 特に小さくて巻の多い貝なんか・・・      
[ 2014/04/10 20:45 ] [ 編集 ]
メダちゃん、こんばんは。

チャレンジありがとう^ ^
ヒント、3問間違ってるかな…^ ^?

フタをキープし難い貝は腐汁が殻口を痛めないように向きを考えながら、タッパーやチャックポリに入れて蒸らしたり時間をかけて腐らすのが一番です。
(チャックポリやタッパーに入れるのは完全に乾燥しないようにするためです。)
あとは、数日おきにジェット水流で肝心なフタを流さないように笊や洗面器で受けながら吹き出し、もし出なかったら再び腐らすのを繰り返すって感じですね。
[ 2014/04/10 22:30 ] [ 編集 ]
難しいなあ。
 今晩は。今夜は少しうれしい夜です。
 3問ですかあ。難しいですねえ。
 タマガイ類→オリイレシラタマ(それともツメタガイ系?)
 キイエビス→ヘソアキトゲエビス?
 クロフモドキ→カラクサイモガイ?(小さい部分の斑を拡大&やや黒化させたもの・・・笑)
 にしとこうかなあ。全く見当がつきません(悲)。

 蓋の処理法。ありがとうございました。やはり腐らせる方法しかないようですね。これからの季節は特にやっかいですね。
[ 2014/04/11 22:12 ] [ 編集 ]
メダちゃん

ハズれです^ ^
[ 2014/04/12 18:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR