潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > スポンサー広告> 和歌山の貝 > ガクフボラ科 > ニクイロヒタチオビ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニクイロヒタチオビ

hirasei3.jpg
hirasei5.jpg
Fulgoraria (Musashia) hirasei (G. B. SOWERBY III, 1912) ニクイロヒタチオビガイ
ガクフボラ科 ヒタチオビガイ亜科 
   2006年11月 南部堺港揚がり 南部沖 水深250m 深海はえ縄 90mm
   2007年3月 南部堺港揚がり 白浜沖 水深120m ヒラメ刺し網 148mm 死殻

模式産地:紀伊
分布:駿河湾、熊野灘、紀伊半島、四国(土佐沖)、玄界灘
   水深100〜300m 泥底

cancellata KURODA & HABE, 1950 チリメンヒタチオビガイとは殻表が艶やかで、肉色が強いことで分けられていますが、果たしてどの程度違いがあるのかゲノムでの比較が待たれます。

基本的に和歌山県南部での深海トロールは廃止されていますので生貝の入手は難しくなってます。(県北部の小型底引きは100mよりも深所での操業はありませんし合法操業です。)

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
関連記事
同種?
一見すると同じ貝のようん見えているんですが、胎殻の大きさはぜんぜん違いますね。
少し気になってます。
[ 2014/03/13 23:31 ] [ 編集 ]
kudamakiさん、おはようございます。

私もそう思うんですが、やはりニクイロ以外当てはまらないような気がします。
(両個体の大きさの差は50mmあるのも、画像では分かり難い原因かもですね。)
下の個体はもしチリメンだとしても大き過ぎますし、上のは表面がすべすべです。
胎殻だけでは判断出来ない場合もあるんでしょうかね……。
[ 2014/03/15 10:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR