潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > スポンサー広告> 和歌山の貝 > イトカケガイ科 > オオイトカケ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オオイトカケ

scalare.jpg
Epitonium scalare (LINNAEUS, 1758) オオイトカケガイ
  Syn: breve RÖDING, 1798、gradatum GRABAU & KING, 1929、laevis GRABAU & KING, 1929、
     lineatum RÖDING, 1798、medium RÖDING, 1798、minor GRABAU & KING, 1929、
     multivariciferum E. A. SMITH, 1911、principale RÖDING, 1798、pygmaeum GRABAU & KING, 1929、
     subtile GRABAU & KING, 1929、conica LAMARCK, 1822、pretiosa LAMARCK, 1816

イトカケガイ科  2002年4月 日高町 日ノ岬沖 水深80m マンガン漁 31.5mm

模式産地:インドネシア アンボイナ
分布:房総半島、紀伊半島、四国(土佐)、山口県北部、奄美大島、沖縄県、東シナ海、台湾、フィリピン、
   インドネシア、オーストラリア(クイーンズランド州)
   水深20〜120m 細砂底、砂泥底

イトカケガイ科で最も有名で美しく、古来から人気があり模造品まで作られた種です。
昔、相当な高値で取引されていたものの日本産が出回り価格が暴落したという話が原色圖鑑 世界の貝 SELECTED SHELLS OF THE WORLD Ⅰに載っています。
50mmを超える種ですが和歌山産はこの小さな個体しか持っていません^ ^;

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
原色圖鑑 世界の貝 SELECTED SHELLS OF THE WORLD Ⅰ
PHILIPPINE MARINE MOLLUSKS VOLUME Ⅰ(GUIDO T. POPPE著)
関連記事
いいなあ。
 今晩は。
 和歌山産オオイトカケお持ちなんですかあ!羨ましいなあ。しかも生貝とは・・・  最近ではほとんど手に入らないでしょうね。私にとっては和歌山産であこがれの貝の一つです。
 いつも思うのですが、この種やナガイトカケ等大型のイトカケ類がイソギンチャクを食べている様子をとらえた画像を見てみたいです。個人的には、オキナエビスの生態写真が発表された時なみに感動しそうな気がします。大きいだけになかなか迫力がありそうだなあ。
[ 2014/02/21 23:26 ] [ 編集 ]
メダちゃん、こんばんは^ ^
大阪の夜のオフ貝?から無事帰りました^ ^;

この種もナガイトカケと同じくスナイソギンチャクを餌にしているのだと思います。
スナイソギンチャクの刺胞毒はかなり強いものらしいですがその根元を掘り返せば色んな種類のイトカケやクルマガイがいるんでしょうね。
生態を見てみたいですね。
[ 2014/02/22 23:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR