潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > スポンサー広告> 和歌山の貝 > トウガタガイ科 > チャイロクチキレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

チャイロクチキレ

brunea.jpg
Colsyrnola brunnea (A. ADAMS in H. & A. ADAMS, 1853) チャイロクチキレガイ
トウガタガイ科 2002年8月 御坊市 名田町 上祓井戸 打ち上げ 15mm

模式産地:紀伊大島
分布:房総半島・男鹿半島、紀伊半島、瀬戸内海、但馬沖、四国、九州北西岸
   水深5〜30m 砂泥底、砂礫底

クチキレガイ科は恐らく貝類で最も種数の多い科ではないでしょうか?
(分類表を自作しましたが……国産だけでも種類の多さに疲れました……。。Adamsさん凄いです。。)
その大半は1cm未満の微小種で、特徴が少なくお互い似た種が多く同定が難しいです。
その中でも本種は大型で分かりやすくて良いです^ ^;
(この年の上祓井戸の打ち上げは本当に面白かったなぁ…。)

この仲間は他生物(特に環形動物、軟体動物)に寄生して生活します。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
関連記事
いい貝ですね。
 今晩は。今夜もよく冷えますね。
 おっしゃられる通り、この種は、この科のなかでは大型の方で分かりやすくていいです(笑)。私自身タケノコクチキレとともに拾うとうれしい貝です。
 しかし、最近はこのような種が打ちあがるポイント自体が減りましたね。それと、荒天の後、大量の貝が帯になって打ちあがるような機会にもなかなか出会えず少し残念です。当たれば面白いですね。

 ところで、一つお尋ねしたいのですが、10年以上前に打ち上げで拾った貝を再度水洗いして乾かした場合、品質等が悪くなったりするのでしょうか?
 
[ 2014/01/21 20:48 ] [ 編集 ]
メダちゃん、こんばんは^ ^

上祓井戸に限らず最近、良い場所が減りましたよね><
寂しいですよ。
昔は加太でさえ結構面白い場所があったのに…

水道水には少なからず塩素が入っていると思われるので、洗い方によると思いますが、あまりお勧め出来ませんね。
[ 2014/01/21 23:48 ] [ 編集 ]
ありがとうございました。
 今晩は。
 貝の水洗いに関する件、お教え頂きありがとうございました。
 貝の処理、整理等に関しては、自己流でやっていることも多く、これでいいのかなあと思うことも結構あります。様々な方の意見を聞いてみたいです。これからもよろしくお願い致します。
 
[ 2014/01/23 20:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR