潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > スポンサー広告> 採集 > 昔の採集結果

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

昔の採集結果

@メダカラさんのコメで何気に少し前のまだ良かった頃の港での採集品を写した写真を引っ張りだしてみましたので載せてみます。(写真を残していたものだけ)
どれも1度の採集品で1部だけ写したものもありますし、洗う前や後のものもあります。
*クリックすれば大きな画像がご覧頂けます

2003_10_saisyu.jpg
2003年10月
この日は生きたアツソデをゲットした時で、この後、@メダカラさんと田辺湾に採集にいきました。
10月はまだエビ刺し網のシーズン始めのため水深が浅く、磯の貝が多いです。

2005_12_saisyu_2.jpg
2005_12_saisyu.jpg
2005年12月
中央のベニバショウは友人にフリマでの委託販売を依頼したものです。
落札も友人だったため、なんか申し訳ない気持ちになったものです。

2006_2_saisyu.jpg
2006年2月
沖縄から来られたしゅりさんと共に採集に行ったときのもの。
エンナツノクダマキ初ゲット。(ベニバショウは死殻です。)

2006_11_saisyu.jpg
2006年11月
きつきつぼさんと採集に行ったときのもの。
印南の漁港でヌリハダフデを拾って嬉しかったです。

2007_1_saisyu.jpg
2007年1月
大きめのヒメハラとウスグモイモをゲットしました。

2007_4_saisyu.jpg
2007年4月
この時は漁労屑が凄く面白かったです。
ウミウサギフィーバーですね。

2009_2_saisyu.jpg
2009年2月
この日は珍種フィーバーです。

2009_3_saisyu_2.jpg
2009_3_saisyu.jpg
2009年3月
この日は3月なのにとても寒く、途中でkudamakiさんとお会いして富田の打ち上げ採集に行きました。
念願のマツミヤ初ゲット。
ベニバショウは記事の3番目の写真のものでクリーニングの努力の結果を見て下さい^ ^

2009_12_saisyu.jpg
2009年12月
カンコは生貝です。

いつもの更新は少し体調が悪いため休ませて頂きます_ _
関連記事
[ 2014/01/12 00:31 ] 採集 | TB(0) | CM(5)
凄いですねえ。
 今晩は。3連休も残すところあと一日。
 Mozuさん、体調の方は良くなりましたか?いろいろお見せ下さるのはうれしいのですが、あまり無理をなさらないでくださいね。
 それにしてもすごい収穫ですね。当時は網の状況がよかったとはいえ、普通はここまでいろいろ揃えることはできなかったんじゃないでしょうか。凄いです。垂涎の品ばかりで随分と目の保養をさせていただきました。ありがとうございました(Mozuさんのコレクションの質・量の凄さが容易に想像できますね。全体を見てみたいなあ。)
 残念ながら現在ここまでのものを揃えるのは難しいと思いますが、Mozuさんがしてくださる当時の貝に関する情報も大変貴重なもので、私自身いつも楽しみにさせていただいています。こちらの方もよろしくお願い致します。
 
 イモガイの身抜きは結構大変だったでしょうね・・・

 
[ 2014/01/12 23:58 ] [ 編集 ]
メダちゃん、こんばんは^ ^

いつも、コメントありがとう。
最近、まったく採集に行けないので写真を見て過去の栄光にすがっています^ ^;

イモガイの軟体処理は慣れが必要ですね。
程よく腐敗が進んでいるとやりやすいです。
(臭いは尋常じゃないですが…><;)
ある程度、腐敗が進むと殻底部からニードルを突っ込んで肉に突き刺し、ゆっくりと巻きの方向に合わせて抜き出します。
この時、外縁の底部を割らないように気をつけないと行けません。
あとはその軟体を水を張った洗面器の中などに出してフタをキープします。
腐敗が進み過ぎている場合、殻の中に残っている場合が多いですのでそのまま殻も洗面器の中ですすぎます。
上手くいくと軟体の最後まで奇麗に抜けます。
残った場合はフタ付きのタッパーに入れて腐敗させながら毎日少しずつ水鉄砲をして臭いがなくなるまで繰り返します。
この時、タッパーの中には絶対水を張らない(フタをするのは完全に乾燥するのを防ぐためと臭いを防ぐため)
腐汁が殻を痛めないように置き方に気をつけることですね。
とにかく、ご存知だと思いますがイモガイは腐敗するとハンパではない異臭を発しますので家族や近所の事も考えて作業を行うことをお勧めします。

なお、大型のイモガイは本当に大変です;
[ 2014/01/13 19:08 ] [ 編集 ]
ありがとうございました。
 今晩は。連休が終わり、次の漁火まで2週間。待ち遠しいです。
 Mozuさん、イモガイの身抜きの方法について大変丁寧にお教え頂きありがとうございます。相当な数の身抜きをされている方でないと分からないような詳細なアドバイスですね。大変参考になります。
 私などは、磯で生貝を見付けても処理のことを考えると採るのを躊躇してしまいます。生貝でないと蓋は得られないのですが・・・
 この方法で今度チャレンジしてみます。
 
  
[ 2014/01/13 22:03 ] [ 編集 ]
2006年でしたか・・・
あの時、採集に連れていただいた時の事は、
今でも良く覚えていますよ。
そうか2006年か・・・
もうそんなになるんですね。
[ 2014/01/14 12:58 ] [ 編集 ]
しゅりさん、こんばんは^ ^
いらっしゃしませ^ ^

あの時は車の暖房がんがんで凄く眠かったです^ ^;
時間が経つのが早いですね><
[ 2014/01/15 00:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR