潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > スポンサー広告> 和歌山の貝 > フジツガイ科 > ジュセイラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジュセイラ

hepaticum.jpg
Septa hepatica (RÖDING, 1798) ジュセイラ(カノカワガイ)
フジツガイ科 2006年8月 串本町 高富 オレンジハウス前 打ち上げ 39mm

模式産地:アジア
分布:紀伊半島・四国、九州南部、奄美大島、沖縄県、フィリピン、オーストラリア(クイーンズランド州〜西オーストラリア)、マスカリン諸島、モザンビーク
   潮下帯〜水深10m 岩礁、岩礫底、サンゴ礁の棚の下 
    *南西諸島では急深の内湾の岩礁に棲むらしい。

オゴクダでも打ち上げ採集しています。
かなり浅い所の貝のようですが岩棚の奥の方にいるようで生きたものは採集していません。
rubeculum (LINNAEUS, 1758) ショウジョウラ、flaveola (RÖDING, 1798) バンザイラと3種で3大美螺呼ばれ、いずれも美しい貝です。(他に数種、似たような種がインド・太平洋域に分布します。)
3種とも串本周辺で確認されていますが、バンザイラはかなり稀です。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
PHILIPPINE MARINE MOLLUSKS VOLUME Ⅰ(GUIDO T. POPPE著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
関連記事
苦手
この貝とショウジョウラは、なぜか当たらないんですよ。
目につきやすく先に拾われるのかもしれませんが、そういう貝ってありますよね。
割れているか、小さい(幼貝)しか採れてません。
蓋つきのいい標本が欲しいですね。
[ 2013/11/23 21:04 ] [ 編集 ]
ビカリヤ
これも割れていないのが落ちれるとテンション上がる貝ですね。
自分も、壊れたのばっかりでなかなか拾えませんでしたが、壊れていない物を見つけたときはすごくうれしかったのを覚えています。

最近は見なくなりましたね。
3兄弟にヒメジュセイラ、ホソジュセイラ…
[ 2013/11/24 00:45 ] [ 編集 ]
kudamakiさん、こんばんは〜。
意外ですね;
でもショウジョウラは例のサバを得たテトラポットの採集で得られてなかったでしょうか?
バンザイラの生貝をオゴクダで採集されている方がおられるぐらいですから…いつかはと思ってしまいますね。

ピカリヤさん、
そうです、むっちゃテンション上がりますよね^ ^
この貝は目立つから競争が激しそうですね。。
[ 2013/11/24 01:34 ] [ 編集 ]
あの時のショウジョウラも生貝でしたが、小さくて口が少し次のステージが出来つつある個体でした。
一番少ないバンザイラは、何故か良い個体が拾えているんです。
巡りあわせですね。
[ 2013/11/24 09:53 ] [ 編集 ]
kudamakiさん、こんばんは^ ^

そうでしたか…;
私はバンザイラもショウジョウラも和歌山産は持ってません;
バンザイラ、良いのが欲しいですね。
[ 2013/11/24 23:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR