潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > スポンサー広告> 和歌山の貝 > タマガイ科 > Natica sp.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Natica sp.

naticasp.jpg

Natica sp.
タマガイ科 2003年5月 串本町 潮岬 オゴクダ浜 打ち上げ 7mm

オゴクダで打ち上げ採集した手元の資料では該当種がなく名前の分からないタマガイです。
極小で、殻口の出来具合から恐らくこれで成貝だと思われます。
小さなタマガイではpumilus KUBO, 1997 サザレタマガイ、オゴクダからはinsecta (JOUSSEAUME, 1874) テマリタマガイが知られますが、いずれも殻表に模様を持つタマガイです。
もし、ご存知の方がおられましたらご連絡ください。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
PHILIPPINE MARINE MOLLUSKS VOLUME Ⅱ(GUIDO T. POPPE著)
関連記事
[ 2013/10/11 00:35 ] 和歌山の貝 タマガイ科 | TB(0) | CM(2)
Mozuさん、この貝殻、私もオゴクダのような荒磯の浜でしか見たことないですね。どなたか蓋付きを拾った人はいませんかねえ。どんな蓋ですかね。Naticarius系だったりして・・・
[ 2013/10/11 21:16 ] [ 編集 ]
リキシマンさん、こんばんは^ ^

そうですね、Naticarius属の種かも知れませんね。
臍穴の形状だけ見ているとフロガイ系ですよね。
[ 2013/10/12 00:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR