潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > スポンサー広告> 和歌山の貝 > ニッコウガイ科 > サメザラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サメザラ

scobinata.jpg

Scutarcopagia scobinata (LINNAEUS, 1758) サメザラガイ
  Syn: cratitia GOULD, 1816 ヒメサメザラガイ
ニッコウガイ科 2012年7月 串本町 上浦 水深3m 43mm 半片死殻

模式産地:アジア
分布:紀伊半島、鹿児島県(種子島)、奄美大島、沖縄県、フィリピン、北マリアナ諸島、グアム、
   フィジー、トンガ、サモア、クック諸島、ニューカレドニア、
   オーストラリア(クイーンズランド州)、紅海(エジプト)、タンザニア、マダガスカル、
   モザンビーク
   潮間帯下部〜水深20m サンゴ礁、岩礁間の砂底

オフ会の時に採集した標本で和歌山県からの記録が今まであったのかどうか知りませんが、少ない貝だと思います。
近縁種linguafelis (LINNAEUS, 1758) ネコジタザラガイとはかなり丸みが強いことで区別ができ、更に粗い鱗片状の突起が規則的に並びます。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
関連記事
上浦ですか。
自分も他の場所で採集しているのですが、かなり古そうな打ち上げなので、こんなきれいに表面が残っていません。
うらやましいであります!
そのときはいくつか採集できたのですが、その後ぱったり見なくなりました。

クチベニアラフデもきれいですし・・・
潜らないと状態の良いのは厳しいですね。
[ 2013/10/01 23:59 ] [ 編集 ]
こんばんは
ピカリヤさん、こんばんは。
そうですか、他にも記録があるんですね。
最近、何が採れても不思議じゃなくなりましたが^ ^;

潜ると言っても大半は背の届くような範囲です。
しかも、潜って死殻ばっかり採ってる私はセンスないかも知れません^ ^;
(皆さんは同じ場所でスソムラサキやらカノコやらタルなんかを採っているんですが…。)
最近は運動不足か息は続かないし、波酔いするし、足はつるし、耳抜きまで上手くいかずボロボロです…。。
[ 2013/10/02 00:12 ] [ 編集 ]
死殻でも、打ち上げより状態が良いので良いではありませんか。
自分は、ぜんぜん泳げないので(涙)潜る…という行為自体できまへんです。
でも、泳いだらこんなのが…とか聞かされていますので、一応マスクとシュノーケルだけは購入してみたのですが、今のところ使ったことありません(へたれなもので・・・)
夜磯でも、実行に移すまでに3年もかかりましたし…
気持ち悪いんですが、宝貝たくさん見るだけで、何となくうれしい気分になります。
[ 2013/10/03 01:32 ] [ 編集 ]
おはようございます。
私ももともとかなづちでした^ ^;
シュノーケルを教えてくれた友人がいきなり連れて行ってくれた所が見草崎……岸からいきなりストーンと急深になっていて底が………しかも流れが早く凄く恐怖したのを思い出します。
今はペーパーダイバーになってスキルもなくなっちゃったと思いますが、一応ディープダイブできるところまでは取っています。(インストにかなづちだって言った時、困った顔されてました。)

夜磯で潜る方が勇気いりますよ、ほんと;
(私はまだやったことはないです。ナイトダイビングはありますが…)
[ 2013/10/03 09:36 ] [ 編集 ]
夜磯で潜る…
100%無理です。
夜に磯でパカッと外套幕引っ込めたヤツ探すのが精一杯であります。

元々化石をやってるので、同じ所で粘るのだけは得意ですけど(笑)
なので、打ち上げポイントで掘る…とか、あまり苦にならないです。
しかし最近、年のせい?で集中力がぜんぜん足りません。
俄然やる気モードに突入できるようなヤツ拾いたいですね。
[ 2013/10/04 01:45 ] [ 編集 ]
ピカリヤさんはやはりあの時(イトマキイモの生貝採集した時)にお会いした方でしょうか^ ^?
そうですね、どんどん欲がでちゃいますが良いの拾いたいですね。
[ 2013/10/05 18:45 ] [ 編集 ]
その時、お会いしてます。
こちらは2人でしたが、貝仲間ではなく、化石の知り合い(笑)でした。
その方も、しばらく貝にのめりこんで近海産図まで購入したらしいです。
さすがに、化石やってる人の目は鋭く、初めてなのにジュズダマ、アジロ…など拾ってました。
ライバル出現!!と思いましたが、最近は化石の方が忙しい?ようです。
[ 2013/10/06 03:41 ] [ 編集 ]
やはり、あの時の方でしたか^ ^

kudamakiさんブログでより一層、ライバルが増えそうですね;
私的な意見ですがこれ以上、高速の南進は色んな意味で止めて欲しいと思ってます;

いずれ、またお会いした時はよろしくお願いします。
[ 2013/10/06 17:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR