潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > スポンサー広告> 和歌山の貝 > フデガイ科 > タキフデ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

タキフデ

takiisaoi2.jpg
takiisaoi1.jpg

Neocancilla takiisaoi (KURODA & SAKURAI, 1969) タキフデガイ
フデガイ科 2001年8月 御坊市 名田町 下楠井 打ち上げ 39mm
      2003年4月 沖縄県 粟国島 水深30〜40m 48mm

模式産地:八丈島
分布:八丈島、紀伊半島(長島、串本、御坊)、高知県、奄美大島、沖縄県、台湾、フィリピン、ピトケアン島、
   ニューカレドニア、ケルマディック諸島
   水深30〜100m 砂底、砂礫底 

私がフデガイ科で最も美しいと思う種で、とても少ない貝です。
模式産地は八丈島で東南アジアから熱帯西太平洋に広く分布しますが日本からの産出が一番多いです。
この標本を得た下楠井の浜では2度打ち上げ採集していますが、下楠井港が隣接するためもしかしたら漁屑が流れたものなのかも知れません。
いずれにせよ和歌山県からの産出は非常に稀です。
比較用に沖縄産の標本を載せます。
この標本は故大里氏から譲り受けた思い出の標本です。(故人のご冥福をお祈り申し上げます。)

pyramis (WOOD, 1828) ベンガラゴウシフデガイとcostatum (GMELIN, 1791) タケノコツクシガイの2種は大きさも分布も似ていますが、ベンガラゴウシフデガイは日本には産せず殻口が狭くタイル状の彫刻は細かく派手で模様が異なります、タケノコツクシガイの方は非常に雰囲気が似ていますが螺塔が高くスリムでフデガイ科ではなくツクシガイ科の種です。また、PHILIPPINE MARINE MOLLUSKS VOLUME Ⅱではベンガラゴウシフデガイをタケノコツクシガイと共にCostellaria属に含めていますが似て非なるものだと思います。(ベンガラゴウシフデガイはフデガイ科 Nebularia属に含めるのが妥当ではないかと思います。)

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
PHILIPPINE MARINE MOLLUSKS VOLUME Ⅱ(GUIDO T. POPPE著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
関連記事
[ 2013/09/28 01:22 ] 和歌山の貝 フデガイ科 | TB(0) | CM(3)
はじめまして。
タキフデ、串本より北でも上がるんですね。
オゴクダで半化石のような固体を数個拾ったことがあります。
中には、模様もまったくなくタイル状の彫刻のみの物も。
無理やりこれにしておりますが…
もう少し良いのが上がらないかと期待しておりますが、無理ですかねぇ。

下の画像のタキフデきれいですね。
こんな素晴らしいのに出会ってみたいものです。
[ 2013/09/30 01:01 ] [ 編集 ]
おはようございます。
ピカリヤさん、
はじめまして、コメありがとうぎざいます。
以前、オゴクダでお会いしたことがある方かな?
kudamakiさんのブログでのコメントはいつも読ませて頂いてます^ ^

和歌山の西側はオゴクダには敵いませんが、良い打ち上げポイントはいくつも存在します。
この貝は多分、比較的浅いところにもいると思いますので、状況が良ければ上がってくるような気がします。(私も和歌山産の良い個体が欲しい……kudamakiさんのが羨ましいです。)

タキフデ、ほんとに良い貝ですよね。。
八丈島ではそれほど稀ではないそうですが…
とりあえず、今は例えボロであっても沖縄のものよりも和歌山産のものに数段上の値打ちと愛着を感じています^ ^;

また、お時間ございましたらコメ頂けると幸いです_ _
[ 2013/09/30 09:10 ] [ 編集 ]
あ……
失礼しました;
投稿者名を入れ忘れてました;
[ 2013/09/30 09:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR