潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > 2014年04月
-別アーカイブ  [ 2014-04- ] 

カモンダカラ

helvola3.jpg
helvola4.jpg
helvola1.jpg
helvola2.jpg
Erosaria helvola (LINNAEUS, 1758) カモンダカラガイ
タカラガイ科 2007年12月 南部町 森ノ鼻 潮間帯(漁り火採集) 20mm
       2007年9月 串本町 潮岬 オゴクダ浜 水深3m 20.5mm

模式産地:不詳
分布:房総半島・能登半島、紀伊半島、奄美大島、沖縄県、ソシエテ諸島、マルケサス諸島、フィリピン、オーストラリア(ニューサウスウェルズ〜西オーストラリア)、レユニオン諸島、セーシェル諸島、紅海、ソマリア、ケニア、タンザニア、モーリシャス、マダガスカル、モザンビーク
   潮間帯下部〜水深20m 岩礁、サンゴ礁、転石下

私はとても美しいタカラガイの1つだと思っています。
(意外と良いものが得難いです。)
ハワイ諸島から知られるhawaiiensis (MELVILL, 1888) ハワイカモンダカラガイは本種の1亜種とされることも多かったですがDNAの比較ではかなり分岐年代が古いです。
本種と比較して全体に色が淡く紫っぽい色調なのが特徴です。

本種は口が黒いタカラガイと同じく、殻口が痛みやすいです。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
PHILIPPINE MARINE MOLLUSKS VOLUME Ⅰ(GUIDO T. POPPE著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
A GUIDE TO WORLDWIDE COWRIES(FELIX LORENZ JR・ALEX HUBERT)
プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR