潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > フナガタガイ科
カテゴリー  [ フナガタガイ科 ]

スエヒロフナガタガイ

oblongum.jpg
Trapezium oblongum (LINNAEUS, 1758) スエヒロフナガタガイ
  Syn: carinata BRUGUIÈRE, 1792、tumida RÖDING, 1798、angulata G. B. SOWERBY I, 1839、
    californica CONRAD, 1837、duperreyi DESHAYES, 1839、guinaica LAMARCK, 1819、
    modesta DESHAYES in MAILLARD, 1863、perfectum MEGERLE von MÜHLFELD, 1811

フナガタガイ科 2006年8月 串本町 高富 オレンジハウス前 打ち上げ 52mm

模式産地:インド
分布:相模湾、紀伊半島・四国、九州南部、奄美大島、沖縄県、台湾、フィリピン、ピトケアン諸島、
   オーストラリア北部、紅海、マダガスカル、地中海(スエズ運河からの移入?)
   潮間帯下部〜水深20m 岩礁、サンゴ礁間の貝殻混じりの粗砂底

ダイビングの合間に打ち上げ採集しました。
この時のこの場所の打ち上げは台風後でしかも手つかず状態でかなり良く(先のジュセイラも同じ時に採集したものです。)
この貝は和歌山では多くはないと思いますが両殻を同時に3個拾いました。
この正面の海底をダイビングしましたが、かなりサンゴ礫が多かったです。
この貝はサンゴ礫の多い海底に棲息するようですね。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
PHILIPPINE MARINE MOLLUSKS VOLUME Ⅳ(GUIDO T. POPPE著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR