潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > カラマツガイ科

テリカラマツガイ

radiata1.jpg
Williamia radiata (PEASE, 1860) テリカラマツガイ
  Syn: radiata KURODA & HABE in HABE, 1961、japonica HABE, 1962、polynesica REHDER, 1980、
     kermadecensis (IREDALE, 1912)

カラマツガイ科  2014年7月 串本町 上浦 打ち上げ 15mm

模式産地:不詳
分布:駿河湾・但馬沿岸、紀伊半島、四国、九州、奄美大島、沖縄県、台湾、ハワイ諸島、
   ケルマディック諸島、チリ
   潮間帯 岩礁

上浦から持ち帰った砂の中から沢山見つけました。
あまり生態は知られていませんが、肺呼吸するはずの本種が近海産図鑑にある水深20mまでに生息するっていうのはどういうことでしょう?

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)

シロカラマツガイ

acmaeoides1.jpg
acmaeoides2.jpg
Siphonaria acmaeoides PILSBRY, 1894 シロカラマツガイ
カラマツガイ科  2014年7月 串本町 上浦 打ち上げ 13mm
         2001年7月 白浜町 椿 黒崎 潮間帯 14mm

模式産地:房総半島
分布:房総半島・男鹿半島、紀伊半島、九州、奄美大島、沖縄県
   潮間帯上部 岩礁

浅いタイドプールに沢山見られます。
カラマツガイと異なり、やや外海に向けた海岸でしか見られません。(生息地は重なります。)

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)

カラマツガイ

japonica13.jpg
Siphonaria japonica (DONOVAN, 1824) カラマツガイ
カラマツガイ科  2014年7月 串本町 上浦 打ち上げ 15mm

模式産地:日本
分布:北海道南部・秋田県、紀伊半島、瀬戸内海、九州、朝鮮半島、中国北部
   潮間帯上部 岩礁、礫地

日本各地の内湾から外海にかけての潮間帯岩礁の上部に普通に見られます。
肺呼吸を行うため長く水に浸かる場所にはいませんが、草食性で帰家習性があります。

この仲間はカサガイ類のような形状をしていますが肺呼吸を行う点、左右対称でない点で大きく異なります。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)

コウダカカラマツ

laciniosa.jpg
Siphonaria laciniosa (LINNAEUS, 1758) コウダカカラマツガイ
  Syn: subatra PILSBRY, 1904、javanica (LAMARCK, 1819) ?
カラマツガイ科  2001年7月 白浜町 椿 黒崎 潮間帯 19mm

模式産地:インド洋 マスカリン諸島
分布:紀伊半島、四国、九州、奄美大島、沖縄県、台湾、フィリピン、マスカリン
   外洋 潮間帯上部〜中部 岩礁
   *南西諸島では内湾にも産するようです。

外洋の波に洗われる浅いタイドプール上に同科のシロカラマツが群棲する中にぽつんと1個体だけ見つけました。
南西諸島以南では普通種ですが紀伊半島ではかなり稀な貝のようです。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
PHILIPPINE MARINE MOLLUSKS VOLUME Ⅰ(GUIDO T. POPPE著)
沖縄の海の貝・陸の貝(久保弘文・黒住耐二共著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR