潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > ソデボラ科

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スイショウガイ

turturella.jpg
Laevistrombus turturella (RÖDING, 1798) スイショウガイ
ソデボラ科 2013年7月 田辺市 江川 打ち上げ 66mm

模式産地:アンボイナ
分布:房総半島、九州西岸、奄美大島、沖縄県、熱帯西太平洋
   潮間帯下部〜水深10m 砂底

以前はcanarium LINNAEUS, 1758 サザナミスイショウガイの1型とされていましたが現在は別種として扱われています。
国内では有名な種の割りに生きたものを見る機会が少ないです。(友人に同じく田辺湾で生きたものを採集された方もいます。)

この標本は@メダカラさんから頂いた標本です。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
スポンサーサイト
[ 2016/01/17 15:58 ] 和歌山の貝 ソデボラ科 | TB(0) | CM(0)

フシデサソリ

scorpius.jpg
Lambis scorpius (LINNAEUS, 1758) フシデサソリガイ
ソデボラ科 1996年1月 南部堺港揚がり 富田沖 エビ刺し網 水深30m 137mm

模式産地:フィリピン マクタン島
分布:紀伊半島、種子島、奄美大島、沖縄県、熱帯西太平洋、サモア
   潮間帯下部〜水深50m サンゴ礁の砂底

サソリガイと比べると少ない貝で、生きた個体も何度か確認しましたがボロボロ過ぎて持ち帰りませんでした。
(この個体はヤドカリ死殻です。)

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
PHILIPPINE MARINE MOLLUSKS VOLUME Ⅰ(GUIDO T. POPPE著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
[ 2016/01/03 15:16 ] 和歌山の貝 ソデボラ科 | TB(0) | CM(0)

フドロガイ

robustus1.jpg
robustus2.jpg
Margistrombus robustus (G. B. SOWERBY III, 1875) フドロガイ(マルソデガイ)
ソデボラ科 2008年10月 由良町 白崎沖 マンガン漁 水深50m 51mm

模式産地:香港
分布:房総半島、紀伊半島、大阪湾、山口県、鹿児島県、東シナ海
   潮間帯下部〜水深50m 砂泥底、泥底

本種も多くの図鑑に当たり前のように紹介されている貝でメジャーなものに感じられますが先に紹介したシドロよりも深刻に減少が進んでいて現在は見る事が難しくなっています。
私自身は他に大阪湾や田辺湾から生きた個体を得た事があります。

稀に鹿間・堀越図鑑のように殻口が紫になる個体があります。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
[ 2015/11/29 14:43 ] 和歌山の貝 ソデボラ科 | TB(0) | CM(0)

ヤサガタムカシタモト

microurceus2.jpg
microurceus.jpg
Canarium microurceus (KIRA, 1958) ヤサガタムカシタモトガイ
ソデボラ科 
 2002年10月 南部堺港揚がり、富田沖 エビ刺し網 水深20m 14mm
 2015年7月 串本町 潮岬 オゴクダ浜 打ち上げ 21mm

模式産地:本州中部 潮線下10m
分布:房総半島、紀伊半島、九州西岸、奄美大島、沖縄県、サモア諸島、フィリピン、インドネシア
   潮間帯下部〜水深20m 岩礁間の砂礫底、サンゴ礁

この仲間では珍しく日本が模式産地の種です。
学名は恐らく"小さなオハグロガイ"と言う意味だと思いますが、形状的にはムカシタモトを小さくした様な貝です。
殻口の中がオハグロガイの様に黒くなるのが特徴です。

記事とは全く関係なく余談ではありますが、管理人は大のF-1好き。
本日は珍しく9月開催の日本グランプリ。
先ほどまでCSでF-1観戦していました。(本来なら観に行きたいのですが……)
優勝したのはメルセデスのルイス・ハミルトン選手。
応援してる、マクラーレン・ホンダはフェルナンド・アロンソ選手の11位が最高…PU小型化の影響で直線後半でパワー切れするマシンでよく頑張ったと思います。(来年、もう少しエンジン開発が自由化されれば…もう少しは…それまでアロンソ、バトン耐えて欲しい…。)
なお、昨年、台風の影響で大荒れになった当グランプリで大事故を起こし重傷を負い意識不明のまま7月に亡くなったジュール・ビアンキ選手のご冥福を心からお祈り申し上げます。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
[ 2015/09/27 16:49 ] 和歌山の貝 ソデボラ科 | TB(0) | CM(0)

サソリガイ

crocata1.jpg
crocata2.jpg
Lambis crocata (LINK, 1807) サソリガイ
ソデボラ科
 1998年1月 南部堺港揚がり 富田沖 エビ刺し網 水深30m 143mm
 2006年12月 南部堺港揚がり 富田沖 エビ刺し網 水深30m 135mm

模式産地:アンボイナ
分布:紀伊半島、種子島、屋久島、奄美大島、沖縄県、フィリピン、
   オーストラリア(クイーンズランド州〜西オーストラリア)インド、セーシェル諸島、
   レユニオン諸島、タンザニア、ケニア、モーリシャス、マダガスカル、モザンビーク
   潮間帯下部〜水深30m サンゴ礁

サンゴが発達する海域の浅い場所から刺し網に掛かってきます。

マルケサス諸島のpilsbryi ABBOTT, 1961 ピルスブリーサソリガイは本種よりももっと棘が長く立派な貝で現在は別種とされているようです。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
PHILIPPINE MARINE MOLLUSKS VOLUME Ⅰ(GUIDO T. POPPE著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
[ 2014/12/07 18:56 ] 和歌山の貝 ソデボラ科 | TB(0) | CM(0)

シドロ

japonicus5.jpg
Dolomena japonicus REEVE, 1851 シドロガイ
ソデボラ科  2005年12月 南部一本松港揚がり 田辺湾口 エビ刺し網 水深20m 67mm

模式産地:長崎
分布:房総半島、男鹿半島、紀伊半島、大阪湾、瀬戸内海、四国、九州
   潮間帯下部〜水深50m 砂底、砂泥底

内湾の潮間帯から見られますが、各地の産地でかなり減少しているようです。
昔は現在、関西国際空港のある対岸の海水浴場で本種やフデガイ、サギガイなどが採集できましたが現在は人口の浜にかわっています。

過去にはvittatus LINNAEUS, 1758 タケノコシドロガイ(ナガタケノコソデガイ)の日本の内陸型とされていた事もありますが現在は別種とみなされていて日本固有種です。

この標本のフタは破損してしまっています。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
[ 2014/12/07 18:27 ] 和歌山の貝 ソデボラ科 | TB(0) | CM(0)

ウラスジマイノソデ

vomer.jpg
Euprotomus vomer (RÖDING, 1798) ウラスジマイノソデガイ
  Syn: kiwi BOZZETTI & SARGENT, 2011、novaezelandiae REEVE, 1842
ソデボラ科 2002年3月 南部堺港揚がり 富田沖 エビ刺し網 水深20m 67mm

模式産地:オーストラリア クイーンズランド州
分布:紀伊半島、四国(土佐)、種子島、屋久島、奄美大島、沖縄県、ニューカレドニア、
   オーストラリア、ケルマディック諸島、ハワイ諸島
   潮間帯下部〜水深20m 岩礁、礫底

網から漁師さんが外す時にフタはとれてしまったのか生貝なのにフタはありませんでした。

hirasei (KURODA, 1942) ヒラセソデガイと呼ばれるものは本種とbulla (RÖDING, 1798) ベニソデガイのハイブリットに与えられた名前です。
また、近年ケルマディック諸島から発表されたkiwi BOZZETTI & SARGENT, 2011は既に異名とされています。(標本を見る限り本種となんらかわりがありません。)
ハワイ諸島のものはhawaiensis (PILSBRY, 1917)、オーストラリアのものはiredalei ABBOTT, 1960 シロマイノソデガイとして別種として扱う場合もあります。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
[ 2014/10/19 18:26 ] 和歌山の貝 ソデボラ科 | TB(0) | CM(0)

ムカシタモト

mutabilis.jpg
Canarium mutabilie SWAINSON, 1821 ムカシタモトガイ
  Syn: epimellus DUCLOS in CHENU, 1844、floridus LAMARCK, 1822、flosculosus MÖRCH, 1852
ソデボラ科 1995年9月 串本町 和深 雨嶋 タイドプール 29mm

模式産地:東インド
分布:房総半島・対馬、紀伊半島、奄美大島、沖縄県、フィリピン、インドネシア、ソシエテ諸島、
   ソロモン諸島、オーストラリア(ニューサウスウェルズ〜西オーストラリア)、セーシェル諸島、
   紅海、ソマリア、タンザニア、ケニア、モーリシャス、マダガスカル、モザンビーク、地中海(移入)
   潮間帯下部 サンゴ礁、岩礁間の砂底、タイドプール、アマモ場などの砂礫底

やや深いタイドプールの中の砂礫底上にいました。
和歌山では他に白浜や上浦などでもヤドカリの入った死殻は沢山見る事があるのですが、意外と生きたものは見かけません。
本種は殻の色にも模様にもかなりバリエーションがあるのですがこの標本は無紋型です。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
PHILIPPINE MARINE MOLLUSKS VOLUME Ⅰ(GUIDO T. POPPE著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
[ 2014/04/24 23:24 ] 和歌山の貝 ソデボラ科 | TB(0) | CM(2)

アツソデ

thersites.jpg
Thersistrombus thersites (SWAINSON, 1823) アツソデガイ
  Syn: ponderosus PHILIPPI, 1842
ソデボラ科 2003年10月 南部堺港揚がり 田辺湾内 エビ刺し網 水深30m 117mm

模式産地:ニューカレドニア
分布:紀伊半島、奄美大島、沖縄県、フィリピン、仏領ポリネシア、
   ニューカレドニア、オーストラリア(クイーンズランド州〜西オーストラリア)
   潮間帯下部〜水深30m 岩礫底、砂底

和歌山では非常に稀な貝ですが、分布は限られ産地ではどこでも少ない貝のようです。
この標本は生きたまま、イシダイ釣り用のヤドカリの生け簀に掘り込まれてました。
その日は成果がいまいちで漁師さんにたまたま生け簀を見せてもらいました。

この貝はもともとTricornis属(現在はoldi EMERSON, 1965 ソマリアソデガイとtricornis LIGHTFOOT, 1786 ミツカドソデガイだけが含まれる)にlatissimus LINNAEUS, 1758 ゴホウラなどと含められてましたが現在は別々の新しい属に移されています。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
[ 2014/04/17 23:00 ] 和歌山の貝 ソデボラ科 | TB(0) | CM(2)

ヒメゴホウラ

sinuatus.jpg
Sinustrombus sinuatus HUMPHREY, 1786 ヒメゴホウラ
  Syn: lobata RÖDING, 1798、palmata FISCHER von WAIDHEIM, 1807、cristatus LAMARCK, 1822、
    laciniatus DILLWYN, 1817

ソデボラ科 2001年3月 南部堺港揚がり 白浜沖 エビ刺し網 水深60m 107mm

模式産地:フィリピン セブ島
分布:紀伊半島、種子島、屋久島、奄美大島、沖縄県、フィリピン、
   オーストラリア(クイーンズランド州〜西オーストラリア)
   潮間帯下部〜水深60m 岩礁、サンゴ礁の砂底、細砂礫底

漁師さんに見せてもらった時にあまりに突飛な貝だったので一瞬何か分からなかったぐらいでした。
ヤドカリが背負っていた死殻ですが和歌山県では相当珍しいものだと思います。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
沖縄の海の貝・陸の貝(久保弘文・黒住耐二共著)
PHILIPPINE MARINE MOLLUSKS VOLUME Ⅰ(GUIDO T. POPPE著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
[ 2013/12/11 21:37 ] 和歌山の貝 ソデボラ科 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR