潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > ニシキウズガイ科 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イロアセアシヤガマ

decolorata.jpg

Pseudostomatella decorata (GOULD, 1848) イロアセアシヤガマ
  Syn: mariei CROSSE, 1871
ニシキウズガイ科 ヒメアワビ亜科 2001年1月 奄美大島 奄美市 土浜 打ち上げ 18mm

模式産地:フィリピン
分布:奄美大島、沖縄、西太平洋(フィリピン、オーストラリア クイーンズランド州〜西オーストラリア)
   潮間帯下部〜水深10m 砂礫・岩礁

似ていますが前3種とは属が異なります。
この属の貝は比較的大型で殻表に光沢があるのが特徴です。

奄美大島の土浜は和歌山のオゴクダ浜と並んで打ち上げ採集では有名な場所です。
どちらにも言える事なのですが微小貝を採集するために砂ごとごっそりと持ち帰る方がおられます。
このような素晴らしい浜を保全するためにも、また多くの方が採集を楽しむためにも最低限のマナーは守って頂きたいと思います。

私にとって土浜は一度行ってみたいのですが…都合が付かず、奄美大島では加計呂麻と並んでずっと行けない夢の場所です。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
Catalogue and bibliography of the marine shell bearing mollusca of Japan
(肥後俊一・Paul Callomon・後藤芳央 共著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
スポンサーサイト

クレナイアシヤガマ

snguinea.jpg

Stomatolina sanguinea (A. ADAMS, 1850) クレナイアシヤガマガイ
ニシキウズガイ科 ヒメアワビ亜科 2003年1月 奄美大島 奄美市 節田 打ち上げ 9.5mm

模式産地:インド洋
分布:九州南部、奄美大島、沖縄、インド・西太平洋(フィリピン)
   潮間帯〜水深20m 岩礁
 *追記:kudamakiさん情報によるとオゴクダで採集されている方がおられるそうです。
     びっくりですね;

ついでに本種も紹介しておきます^ ^
こうやって比較するとアシヤガマとは全く異なりますね;
でも最近の傾向からは紀伊半島で採集されても不思議はない貝だと思います。


参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
Catalogue and bibliography of the marine shell bearing mollusca of Japan
(肥後俊一・Paul Callomon・後藤芳央 共著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR