潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > イモガイ科 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

cf. カワムラハデミナシ

kawamura.jpg

Cf. Leptoconus kawamurai (HABE, 1962) カワムラハデミナシ
  Syn: aratispira (PILSBRY, 1905)
イモガイ科 グアム島 水深80m 104mm

模式産地:奄美大島
分布:奄美大島、沖縄本島、台湾?

本種は奄美大島から沖縄本島にかけてのサンドポンプでの死殻のみ得られる貝でしたが1997年に奄美大島にて生貝が得られています。
 *aratispira (PILSBRY, 1905) は喜界島から得られた化石に名付けられたもので、本種と同種です。
インド洋産のmilneedwardsi JOUSSEAUME, 1894 ハデミナシ(ハデイモ)の亜種とする場合が多かったですが現在では別種とするのが主流のようです。また、一部の文献にはハデミナシが日本を含む西太平洋に産するとされていますが、これは誤りだと思います。
独特のテント(アジロ)模様からbengalensis (OKUTANI, 1968) ベンガルイモガイやgloriamaris (CHEMNITZ, 1777) ウミノサカエイモガイと同じくDarioconus属になどに含める事が多いですが、殻の形状はammiralis (LINNAEUS, 1758) テンジクイモなどのLeptoconusのものに近いように思えます。
excelsus (SOWERBY, 1908) アデヤカイモ(ナカヤスイモ)を含むTurriconus属に入れる意見もありますが似て非なるものだと思います。

さて、写真の貝はグアム島の深所からダイバーによって得られた生貝です。螺塔の高さ形状から本種ではないかと思いますが…はっきりしないのでcf.(confer=参照の略、はっきりしない場合、学名の頭につけます)としました。
グアム島は小笠原諸島よりさらに南、マリアナ諸島南端にある日本人にもおなじみのアメリカ合衆国領の観光地です。
皆さんのご意見お待ちしております。

類縁種の学名と分布を紹介しておきます。
milneedwardsi JOUSSEAUME, 1894 ハデミナシ(ハデイモ)
  分布:南アフリカ(ナタール)、モザンビーク、マダガスカル
   *本種は日本には産しません。
  Syn: clytospira MELVILL & STANDEN, 1899
      分布:インド、スリランカ、パキスタン
  Syn: eduardi DELSAERDT, 1997
      分布:紅海
  Syn: lemuriensis WILS & DELSAERDT, 1989 トウダカハデミナシ
      分布:レユニオン、モーリシャス      


参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
MANUAL OF LIVING CONIDAE VOLUME 1: INDE-PACIFIC REGION(Dieter Röckel, Werner Korn & Alan j. Kohn共著)
Catalogue and bibliography of the marine shell bearing mollusca of Japan(肥後俊一・Paul Callomon・後藤芳央 共著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
カワムラハデミナシ(イモガイ科)は現生種か絶滅種か?(古葉繁雄・延原尊美)
スポンサーサイト
[ 2013/08/17 12:24 ] 日本の貝 イモガイ科 2 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR