潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > 採集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

昔の採集結果

@メダカラさんのコメで何気に少し前のまだ良かった頃の港での採集品を写した写真を引っ張りだしてみましたので載せてみます。(写真を残していたものだけ)
どれも1度の採集品で1部だけ写したものもありますし、洗う前や後のものもあります。
*クリックすれば大きな画像がご覧頂けます

2003_10_saisyu.jpg
2003年10月
この日は生きたアツソデをゲットした時で、この後、@メダカラさんと田辺湾に採集にいきました。
10月はまだエビ刺し網のシーズン始めのため水深が浅く、磯の貝が多いです。

2005_12_saisyu_2.jpg
2005_12_saisyu.jpg
2005年12月
中央のベニバショウは友人にフリマでの委託販売を依頼したものです。
落札も友人だったため、なんか申し訳ない気持ちになったものです。

2006_2_saisyu.jpg
2006年2月
沖縄から来られたしゅりさんと共に採集に行ったときのもの。
エンナツノクダマキ初ゲット。(ベニバショウは死殻です。)

2006_11_saisyu.jpg
2006年11月
きつきつぼさんと採集に行ったときのもの。
印南の漁港でヌリハダフデを拾って嬉しかったです。

2007_1_saisyu.jpg
2007年1月
大きめのヒメハラとウスグモイモをゲットしました。

2007_4_saisyu.jpg
2007年4月
この時は漁労屑が凄く面白かったです。
ウミウサギフィーバーですね。

2009_2_saisyu.jpg
2009年2月
この日は珍種フィーバーです。

2009_3_saisyu_2.jpg
2009_3_saisyu.jpg
2009年3月
この日は3月なのにとても寒く、途中でkudamakiさんとお会いして富田の打ち上げ採集に行きました。
念願のマツミヤ初ゲット。
ベニバショウは記事の3番目の写真のものでクリーニングの努力の結果を見て下さい^ ^

2009_12_saisyu.jpg
2009年12月
カンコは生貝です。

いつもの更新は少し体調が悪いため休ませて頂きます_ _
スポンサーサイト
[ 2014/01/12 00:31 ] 採集 | TB(0) | CM(5)

オゴクダ

オゴクダの貝

土曜日に再びオゴクダに行ってきました。
朝、4時に家を出て6時半に現地についたのですが
予想通り、先客が何人も来られてました。

現地の友人の情報通り、めぼしいものは浜には残っておらず、
やたらジュズベリヒトデ、ベニアミメジュズベリヒトデが打ち上げられていました。

波はうねりはあるもの、入れそうだったので着替えて
大潮のとき、潮が引ききるラインよりも少し先でシュノーケリング。(水深は2mぐらい)
波で巻き上げられてきたイトマキイモの大きな生貝をゲット。
転石下からムラサキアンボイナなどをゲットした後、水の冷たさに
我慢出来ずに上がりました。
打ち上げ採集に遠路はるばる岐阜から来られた化石好きの方と大阪から来られた方と
話しながら打ち上げ採集。
お気に入りはコゲイロホラダマシ、ユメマツムシ、バライロフタナシシャジク、
マルスダレ、よく分からない小さなナツメガイ、黄色いカセンチドリ。

まぁまぁの成果でした。
[ 2011/07/25 23:41 ] 採集 | TB(0) | CM(0)

オフ貝の成果

おごくだ
貝

台風6号の影響で殆ど海に入れなかったのもありますが、今年はどうも貝が少なかったように感じました。
ですから成果は少なめ。
採集品は全て潮岬周辺のものです。

写真上はオゴクダ浜、土曜日だったのでまだ波はそれ程でもなかったです。

打ち上げ
 オオシマヒオウギ、コムラサキヒシヨウラク?、アカマツムシ、コドングリイモ、
 ヤガスリヒヨク(半片ですが模様が綺麗だったので)、ユキネズミ
磯採集&シュノーケリング
 マルアラフデ、ハタガイ、カタベガイダマシ、ヒメヨフバイ、ハギノツユ、
 チャイロキヌタ、ナツメガイ、ツタノハガイ、サクラアオガイ、
 リュウキュウシラトリ、シワサメザラ、ヒメツキガイ、ヒバリガイ(赤みが綺麗だったので)、
 スジホシムシヤドリガイ、ミガキシタタリガイ
[ 2011/07/21 00:12 ] 採集 | TB(0) | CM(7)
プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR