潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > キヌタアゲマキ科

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウマノアゲマキ

dunkeri1.jpg
dunkeri2.jpg
Solecurtus dunkeri KIRA, 1959 ウマノアゲマキガイ
キヌタアゲマキガイ科
 2004年3月 南部堺港揚がり 田辺湾内 エビ刺し網 水深30m 58mm
 1996年3月 南部堺港揚がり 田辺湾内 エビ刺し網 水深30m 58mm

模式産地:不詳
分布:紀伊半島 *資料がなく詳しい他産地が分かりません。
   水深10〜30m 細砂底

divaricatus (LISCHKE, 1869) キヌタアゲマキガイの異名となっていますが本種は殻頂部が前方に偏り、キヌタアゲマキに見られる後背部の石灰の付着が見られません。また、consimilis KURODA & HABE, 1961 ツヤキヌタアゲマキガイも殻頂部がキヌタアゲマキと同様に中央付近あり、強い光沢があります。
本種とキヌタアゲマキの関係はAzorinus minutus DUNKER, 1862 ホソズングリアゲマキガイとabbreviatus (GOULD, 1861) ズングリアゲマキガイの関係に似ています。

本種の同定にはkudamakiさんの協力を頂きました。
(私は所有してませんが大山写真集が参考になるそうです。)

参考文献:
原色日本貝類図鑑(吉良哲明著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
スポンサーサイト
プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR