潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > ミツクチキリオレガイ科

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

チャマダラキリオレ

millepunctata.jpg
Mastonia millepunctata (KOSUGE, 1962) チャマダラキリオレガイ
ミツクチキリオレガイ科 2015年7月 串本町 潮岬 オゴクダ浜 潮間帯 8mm

模式産地:奄美大島 安脚場
分布:相模湾、紀伊半島、四国、九州西岸、奄美大島、沖縄県
   潮間帯下部〜水深80m 岩礫底、砂底

まだ口が若干若いです。
転石の下から採集しました。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
スポンサーサイト

トウマキキリオレ

vulpina.jpg
Viriola vulpina (HINDS, 1843) トウマキキリオレガイ
ミツクチキリオレガイ科 2014年7月 串本町 上浦 打ち上げ 8.5mm

模式産地:不詳
分布:八丈島、紀伊半島、奄美大島、沖縄県
   潮間帯下部〜水深20m 岩礫底

上浦の南の方では生きた個体も採集したことがあります。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著

カズマキキリオレ

multigyrata.jpg
Latitriphora multigyrata (YOKOYAMA, 1922) カズマキキリオレガイ
ミツクチキリオレガイ科 2014年7月 串本町 上浦 打ち上げ 11.5mm

模式産地:千葉県市原市市東(化石)
分布:房総半島、相模湾、紀伊半島、四国、九州、奄美大島
   潮間帯下部〜水深20m 岩礁

肋や側面の直線的な特徴から本種としましたが、本来、本種は13mm程の種と近海産貝類図鑑には紹介されています。この個体は殻頂部が大きく欠損しているのにも関わらず11.5mmもあり殻口も老成しきっていません。
先端まで残っていたら相当大きな個体という事が想像できます。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
相模湾産貝類(解説:黒田徳米・波部忠重・大山 桂)

ムラサキハラブトキリオレ

rubra2.jpg
Mastonia rubra (HINDS, 1843) ムラサキハラブトキリオレガイ
ミツクチキリオレガイ科 2014年7月 串本町 上浦 打ち上げ 7.5mm

模式産地:ニュージーランド(誤り?)
分布:紀伊半島、八丈島、九州南部、奄美大島、沖縄県、フィリピン、紅海、タンザニア、マダガスカル
   潮間帯下部〜水深20m 岩歴底、転石下

上浦の南端、アンドの鼻に近い場所で打ち上げ採集しました。
本科には同じような紫色をした種がいくつも知られますが本種は見分けやすい種で、サンゴ礁域では珍しくない貝です。
他にはオゴクダの打ち上げや周参見の里野では生貝も採集しています。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)

アケボノキリオレ

granosa.jpg
Mesophora granosa (PEASE, 1870) アケボノキリオレガイ
  Syn: aegle (JOUSSEAUME, 1884)
ミツクチキリオレガイ科 2006年8月 串本町 上浦 打ち上げ 5mm

模式産地:不詳
分布:紀伊半島、四国、山口県北部、九州、奄美大島、沖縄県、インド・西太平洋
   潮間帯下部〜水深20m 岩歴底

上浦の南端、アンドの鼻に近い場所で打ち上げ採集しました。
本種は殻口と前水管の発達が悪く、殻全体が淡黄褐色。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)

クロクリイロキリオレ

xystica.jpg
Aclophora xystica (JOUSSEAUME, 1884) クロクリイロキリオレガイ
  Syn: grandiosa LASERON, 1954
ミツクチキリオレガイ科 2010年7月 串本町 潮岬 オゴクダ浜 打ち上げ 10mm

模式産地:不詳
分布:相模湾、紀伊半島、四国、山口県北部、九州、奄美大島、沖縄県、熱帯インド・西太平洋
   潮間帯下部〜水深20m 岩礫底

オフ会時に採集した殻頂部や口が欠けている残念な標本ですT T

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)

Mastonia cf. cingulifera (PEASE, 1861)

Triphoridaessp.jpg
Mastonia cf. cingulifera (PEASE, 1861)
ミツクチキリオレガイ科 2009年12月 南部堺港揚がり 南部沖 エビ刺し網 水深50m 5mm

模式産地:不詳
分布:紀伊半島、マーシャル諸島、サイパン、ハワイ諸島、ニューカレドニア、モーリシャス
   水深15〜65m

漁労屑から得た名前の分からない貝です。
本科の種、特に網で得られるような深い所のものは名前が分からない種が多いです。
特徴的なんですが、該当種が浮かびません。

追記(記事訂正):(2014年8月25日)
ケシカニモリの事を調べてるために手持ちの文献を確認していたらHAWAIIAN MARINE SHELLS(E. ALISON KAY著)に本図版とぴったりのものを見つけました。
解説もそのまま当てはまります。
ただ、この学名の貝は日本及び周辺地域産軟体動物総目録ではソメワケキリオレに当てられていますが、近海産図鑑の図を見る限りでは全く異なる貝で、学名もNanaphora tricolor LASERON, 1958となっています。
ソメワケキリオレという貝がどちらに本来つけられた和名なのかは分かりません。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
HAWAIIAN MARINE SHELLS(E. ALISON KAY著)

シロキリオレ

triphoridae.jpg
Euthymella concors (HINDS, 1843) シロキリオレガイ
  Syn: fucata PEASE, 1861
ミツクチキリオレガイ科 2012年7月 串本町 潮岬 オゴクダ浜 打ち上げ 14mm

模式産地:マラッカ海峡
分布:房総半島、紀伊半島、四国、九州、フィリピン、インド洋
   潮間帯下部〜水深50m 岩礫底、砂礫底

オフ会時に採集した標本です。
本種は通常、真っ白な個体が多いですが図のような色の出る個体もあるようです。
エビ刺し網で生きたものを採集したこともありますから比較的深い所にまで棲息するようです。(立派な標本だったのですが、肉抜きする時に謝って折ってしまいましたT T)

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
PHILIPPINE MARINE MOLLUSKS VOLUME Ⅰ(GUIDO T. POPPE著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
原色世界貝類図鑑 Vol.Ⅱ 熱帯太平洋編(波部忠重・小菅貞男著)

ホソアラレキリオレ

otsuensisi.jpg
Bouchetriphora cf. otsuensis (YOKOYAMA, 1920) ホソアラレキリオレガイ
ミツクチキリオレガイ科 2003年12月 印南漁港揚がり 切目崎沖 エビ刺し網 水深50m 6mm

模式産地:横須賀市 大津 化石
分布:北海道南部・佐渡島、紀伊半島、四国、九州
   潮間帯下部〜水深80m 岩礫底

前述のBouchetriphora conpersa (E. A. SMITH, 1875) サフランキリオレガイと同じ漁労屑から得ました。
キリオレガイの仲間はカイメンを食べているようです。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)

サフランキリオレ

conspersa.jpg
Bouchetriphora conpersa (E. A. SMITH, 1875) サフランキリオレガイ
  Syn: purpurata PILSBRY, 1895 クロキリオレガイ
ミツクチキリオレガイ科 2003年12月 印南漁港揚がり 切目崎沖 エビ刺し網 水深50m 7mm

模式産地:志摩半島
分布:房総半島・男鹿半島、紀伊半島、瀬戸内海、四国、九州
   潮間帯下部〜水深50m 岩礫底

やや深い所に産する本科の種は名前のない種も多く同定が困難な場合が多いですが本種は特徴もはっきりしていて分かりやすいです。
色合いがとても奇麗な貝で、やや深い所の漁労屑から比較的多く見つかります。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR