潮騒の宝箱

海の生き物が大好き、その中でも和歌山県で採集した大好きな貝類を中心に紹介しています。過去スレへのコメントも大歓迎です(=^ ^=)/
潮騒の宝箱 TOP > カツラガイ科

トウガタナワボラ

turrita.jpg
Turritropis turrita HABE, 1962 トウガタナワボラ
カツラガイ科 2007年12月 南部堺港揚がり 南部沖 水深150m 深海はえ縄 14.5mm

模式産地:四国足摺岬沖 水深50〜150m
分布:相模湾、遠州灘、紀伊半島、四国(土佐沖)、若狭湾
   水深50〜150m 細砂泥底

本科の種は他生物に寄生するものが多いですが、図の標本は深海はえ縄で何に着いて揚がってきたのか不明です。(漁師さんに聞きそびれました。。)

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)

オトヒメスズメ

otohimeae2.jpg
Capulus otohimeae (HABE, 1946) オトヒメスズメガイ
カツラガイ科 2006年2月 南部堺港揚がり 岩代沖 エビ刺し網 水深70m 10mm

模式産地:紀伊 南部沖
分布:相模湾、紀伊半島、四国、九州西岸、東シナ海
   潮間帯下部〜水深200m 貝類の死殻上

スナギンチャク類が付着した種名の分からない二枚貝の破片の上に着いていました。
この貝は浅いところにもいるようですが通常、やや深いところから得られるヒヨクガイの死殻の内側に着いている事が多いです。
過去には別科、スズメガイ科のMalliuvium属(STANDEN, 1906)に含められていました。
Capulus属の種はいずれも他生物(ほとんどが貝類)に寄生して餌を横取りして生活しますが、死殻に着く本種はいったい何を餌としているのか…とても不思議です。(死殻にはスナギンチャクが付着している事が多いのでそれが関係しているのかな?)

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)

カセンチドリ

badius2.jpg
badius1.jpg
Capulus violaceus ANGAS, 1867 カセンチドリガイ
  Syn: badius DUNKER, 1882、rollei MARTENS, 1894
カツラガイ科
 2002年4月 串本町 上浦 打ち上げ 7.5mm
 2011年7月 串本町 潮岬 オゴクダ浜 打ち上げ 7.5mm

模式産地:不詳
分布:房総半島・能登半島、紀伊半島、四国、九州、奄美大島、沖縄県
   潮間帯下部 岩礁

本属の種の多くは二枚貝に外部寄生するのですが、本種に関してはあまり生態が知られていません。
以前、知人から聞いた話ではウミギク類に着くのでは?という話でしたが……。

追記(2014年9月21日)
kudamakiさんの情報によると本種はカンザシゴカイ類の棲管の口の部分に付着するそうです。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)

サワラビガイ

helicoides.jpg
Separatista helicoides (GMELIN, 1791) サワラビガイ(コナワボラ)
  Syn: eccentricus PETUCH, 1979、gabrieli PRITCHARD & GATLIFF, 1899、meridionalis VERCO, 1906、
     chemnitzii (A. ADAMS, 1850)、fraterna IREDALE, 1936、tricarinata BRAZIER, 1878、
     blainvilleanus PETIT de la SAUSSAYE, 1851、separatista DILLWYN, 1817

カツラガイ科 2007年4月 南部堺港揚がり、富田沖 エビ刺し網 水深20m 21mm

模式産地:インド洋
分布:房総半島、伊豆半島、紀伊半島、山口県、奄美大島、沖縄県、紅海、マダガスカル、地中海(移入)
   潮間帯下部〜水深20m 岩礁上のケヤリムシの棲管上

棲管をつくるゴカイの1種、Branchiomma cingulata (Grube, 1870) ケヤリムシの棲管上に生息し、餌を横取りします。
ケヤリムシ自体、潮間帯から生息しますので大潮で潮の引いた岩礁やタイドプールでケヤリムシさえ見つければかなり高い確率で本種を見つける事が出来ます。
この標本はエビ刺し網に掛かって来たもので、同時に2個体採集しましたがどちらも生貝なのに何故かフタがありませんでした。

余談ですが、熱水鉱床の生物として有名なシボグリヌム科のハオリムシ類は以前は有鬚動物門に含めれていましたが、近年、DNAの解析などによりケヤリムシと同じケヤリムシ目に含められるようになりました。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)

ウミギクカツラ

spondylicola.jpg
Capulus danieli (CROSSE, 1858) ウミギクカツラガイ
  Syn: spondylicola HABE, 1967、sycophanta GARRARD, 1961、kawamurai Habe, 1992
カツラガイ科 1997年1月 南部一本松港揚がり 切目崎沖 エビ刺し網 水深70m 13mm

模式産地:不詳
分布:紀伊半島、四国、九州西岸、奄美大島、沖縄県
   ウミギク類に外部寄生

前述のSpondylus versicolor SCHEIBERS, 1793 ウニメンガイの外周縁辺付近に数個体が外部寄生していました。
通常、Capulus属の寄生性の他種は殻頂部近くに寄生することが多いのですが本種は違っていました。
異名になったspondylicola HABE, 1967は模式産地が和歌山県です。

参考文献:
日本近海産貝類図鑑(奥谷喬司編著)
日本及び周辺地域産軟体動物総目録(肥後俊一・後藤芳央 共著)
プロフィール

Mozu

Author:Mozu
幼い頃から都会で育ち海への憧れは人一倍でした。思い出として残る貝殻が大好きです。              

私の本
ウミウサギ 
-生きている海のジュエリー
コレクター目線とダイバー目線の両方からウミウサギの魅力を紹介した私の著書です。      ご覧頂ければ幸いです。    
カテゴリ
ナショナルジオグラフィック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR